みんなの法律相談窓口 NPOあんしん身元保証支援 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官 感謝ありがとう

元自衛官 飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

悪質な味噌の訪問販売は全国各地に広がっている

以下記事転載

訪問販売を巡るトラブルが後を絶たない。高齢者の判断能力の低下につけ込み契約を迫る業者もいる。特命取材班にも「70代の母が高額のみそを買わされていた。調べてほしい」との依頼が寄せられた。みそ4キロを約1万円で購入しているという。確かに高いように感じるが、価格は適正なのか、違法性はあるのか。

 問題のみそを見せてもらった。プラスチック製の容器には「国産原料 無添加」「手造り」などの文字が並び、高級感が漂う。実物を入手し、みそ汁を作ってみた。おいしい。ただ、値段に見合うかは正直分からない。どこで造られたみそなのだろう。

 容器には販売者名しか記されていない。ラベルに記載された記号が気になり消費者庁に聞くと、製造所を表す「固有記号」で、福岡県内の老舗みそ店で造られた物だと教えてくれた。

 店を訪ねた。販売業者のために特別の工程で造り、月500キロの取引があるという。卸値は4キロ2180円。4・5倍の9880円で売られていることを告げると、店主は「高いと言えば高いが、うちは卸元だから」と困惑した様子。販売業者からみそを購入した客からのクレームを受け、今月いっぱいで取引をやめることを決めたという。

 独占禁止法は、不当に安い値段で販売することは禁止しているものの、逆の規制はない。公正取引委員会の担当者は「高すぎれば売れず、自然淘汰(とうた)されるから」。ラベルの表示や「手造り」などの宣伝文句に違反がないか調べたが、特に問題はなかった。

「納得して買ってもらっている」と販売業者

 販売業者に連絡すると、人の良さそうな40代男性が取材に応じた。約20年間、全国展開のみそ訪問販売会社に勤め、強引な営業手法に嫌気が差して数年前に独立。無添加、国産のみそにこだわり、仕入れた製品を包装して自社ブランドとして販売しているという。

 価格について触れると、いくらなら良いと思うかと逆に聞かれた。クーリングオフ(一定期間内の契約解除)が続き、昨秋3千円値下げしたばかりとか。週6日、朝から晩まで売り歩き、従業員2人の人件費やガソリン代、仕入れ代などを引くと残るのは月30万円ほどという。法外な利益を得ているわけではなさそうだ。

 「みその訪問販売は、したらだめなんでしょうか…」。もちろん違法ではない。ただ、相手を不安にさせたり、困らせたりする方法で契約を迫るなど特定商取引法で禁じられた行為をすれば処罰の対象となる。男性は強引な勧誘を否定し、「味を見てもらい、納得して買ってもらっている」と話した。リピーターも県内外に70~80人いるという。確かに情報提供者の母親も味を気に入り、2回目以降は自ら注文していた。

 同法で交付が義務付けられている契約書面を見せてもらった。記載が必要な製造者の情報がなく、販売業者が造っていると誤解されかねない。男性は「記載が必要とは知らなかった。どこのみそか聞かれたらちゃんと答えていた」と釈明した。

訪問販売の相談は年に8万件、大半が高齢

 国民生活センターによると、訪問販売に関する相談が毎年度8万件余り寄せられている。大半が高齢者に関するもので、判断能力の低下につけ込んだ悪質商法も少なくない。一方、業者側からすれば、いくら納得して購入してもらっても、その家族などから非難されることもあるだろう。

 日本弁護士連合会は消費者保護のため、「訪問販売お断り」などの意思表示をしている家庭への勧誘を禁じるよう法改正を求めている。「こんな時代だからこそ、対面でおいしいみそを届けたい」と販売業者の男性。ルールを守ることは当然として、無用なトラブルを防ぐためにもこうした制度が必要だ。

=2018/04/25付 西日本新聞夕刊=

 

みそ訪問販売業者に対する行政処分の例

 味噌の訪問販売


悪質な味噌の訪問販売は全国各地に広がっている

行政処分の実例(特定商取引法違反等)

■ 株式会社 信州志賀一 

処分  : 特定商取引法に違反した訪問販売事業者に対する業務停止命令
期間  : 平成23年2月13日より6か月間
違反行為: 強引な勧誘・不実告知等
地域(行政処分を下した自治体):東京都(消費者庁

「信州志賀一」は、おそらく最も悪名高い味噌の訪問販売業者であろう
今回の調査対象である「味彩 神田屋」の代表者である保田氏も、以前は志賀一で勤務していたと証言している
志賀一が業務停止命令を受けて死に体となった今、元社員などの残党が、それぞれに独立して暗躍している

特定商取引法が改正させる以前は、強引な勧誘、いわゆる押し売りを全国各地で行っていた

■ 株式会社 藤吉 

処分  : 特定商取引法に違反した訪問販売事業者に対する業務停止命令
期間  : 平成27年10月10日から平成28年1月9日までの3か月間
違反行為: 販売目的等不明示、契約書面不備、不実告知及び重要事項不告知
地域(行政処分を下した自治体):福岡県

事業者は、「美味しい味噌を持ってきています。味見しませんか。」等と告げて個人の住宅を訪問し
添加物を含む味噌であるにもかかわらず、「無添加です。」と商品の品質について事実と異なることを告げたり
実際にはより少量かつ安価な味噌を販売しているにもかかわらず、「4キロが一番小さい量となります。」「うちは4キロの樽売りしかしていない」などと、商品の品ぞろえについて事実と異なることを告げたり
一番小さなサイズの味噌を求めた消費者に、一番小さなサイズの味噌の存在を故意に告げずにより大きな味噌の購入を勧誘するなどしていた。
また、事業者が上記契約締結時に消費者に交付した契約書面には、「法人の代表者の氏名」の記載がなかった。
福岡県による処分命令報告書 (5ページ目) 

■ 有限会社 信州富士

処分  : 特定商取引法に違反した訪問販売事業者に対する業務停止命令
期間  : 平成20年11月28日から平成21年2月27日までの3か月間
違反行為: 販売目的等不明示、契約書面不備、不実告知及び重要事項不告知等
地域(行政処分を下した自治体):愛知県・静岡県岐阜県三重県の東海4県
契約金額:平均額 2万2227円、最高額 4万円、最低額 9400円 

勧誘に先立って、消費者に対して「みそ屋です」などと告げるだけで、会社名を明らかにしていなかった。
売買契約成立後、消費者に交付にすべき書面に、法律で必要とされている事項が記載されていなかった。
勧誘の際に消費者に対して「うちは国産の大豆100パーセントのみそです」などと、商品の品質について事実と異なることを説明していた。
消費者が売買契約の解除を申し出た際に、消費者に対して「生ものだから駄目だ、返品は認めない」と、返品可能だったにも関わらず、不実のことを告げていた。
勧誘の際に消費者に対して、近隣に住む当該消費者の友人の名前を挙げた上で、その人に高額な商品を買ってもらい、あなたを紹介されたと告げていたが、実際には友人が買った商品の種類は違ったし、紹介をした事実はなかった。

愛知県による処分命令開示情報 

■ 株式会社 蔵長

処分  : 特定商取引法に違反した訪問販売事業者に対する業務停止命令
期間  : 平成24年1月27日から平成25年1月26日までの12か月間
違反行為: 名称不明示、再勧誘、不実告知、判断力不足便乗
地域(行政処分を下した省庁):千葉県(消費者庁


勧誘に先立って販売業者名を明らかにせず、消費者宅を訪問した際に、「味噌屋です」、「味噌の味を見てください」などと告げるだけで、事業者名を明らかにしなかった

商品が高価であることなどを理由に、消費者が購入を断っているにもかかわらず、引き続き勧誘を行っていた
機械による製造工程を採用しているにもかかわらず、手造りの味噌である旨を消費者に告げて販売契約の勧誘を行っていた

認知症高齢者など、契約締結に係る判断力が不足する方に対し、その判断力不足に乗じて訪問販売を行い、商品を勧誘していた

消費者庁による処分命令報告書


次ページ:「訪問販売、通報先・相談先のまとめ」

 

特定商取引法に違反した訪問販売業者に対する業務停止命令について(2015年10月9日) - 福岡県庁ホームページ

特定商取引法に違反した訪問販売業者に対する業務停止命令について(2015年10月9日)

 
    印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月9日更新

 福岡県は、本日(平成27年10月9日)付けで、味噌等の訪問販売事業者である「株式会社藤吉(事務所:福岡市早良区)」に対し、特定商取引に関する法律(昭和51年法律第57号。以下「法」という。)の違反行為を認定し、法第8条第1項の規定に基づき、平成27年10月10日から平成28年1月9日までの3か月間、訪問販売に係る売買契約の勧誘、申込みの受付及び締結を停止するよう命じました。
認定した違反行為は、販売目的等不明示、契約書面不備、不実告知及び重要事項不告知です。
 

1 事業者の概要

 (1) 名称:株式会社藤吉(ふじよし)
 (2) 代表者:有吉 正和(ありよし まさかず)
 (3) 所在地:福岡市早良区南庄一丁目6番17号
 (4) 資本金:100万円
 (5) 設立:平成23年11月22日
 (6) 取引形態:訪問販売
 (7) 商品等:味噌、味噌漬け等加工食品及び醤油
 (8) 売上高:83,586,885円
        (平成25年11月から平成26年10月までの間)
 (9) 従 業 員:9名(代表取締役を除く)平成27年7月14日付

2 取引の概要

 事業者は、「美味しい味噌を持ってきています。味見しませんか。」等と告げて個人の住宅を訪問し、添加物を含む味噌であるにもかかわらず、「無添加です。」と商品の品質について事実と異なることを告げたり、実際にはより少量かつ安価な味噌を販売しているにもかかわらず、「4キロが一番小さい量となります。」「うちは4キロの樽売りしかしていない」などと、商品の品ぞろえについて事実と異なることを告げたり、一番小さなサイズの味噌を求めた消費者に、一番小さなサイズの味噌の存在を故意に告げずにより大きな味噌の購入を勧誘するなどしていた。
 また、事業者が上記契約締結時に消費者に交付した契約書面には、「法人の代表者の氏名」の記載がなかった。

3 処分の内容

(1) 範囲
   法第2条第1項に規定する訪問販売に関する業務のうち、次の業務を停止すること。
  ア 訪問販売に係る売買契約の締結について勧誘すること。
  イ 訪問販売に係る売買契約の申込みを受けること。
  ウ 訪問販売に係る売買契約の締結をすること。

(2) 期間
   平成27年10月10日から平成28年1月9日までの3か月間

4 処分の原因となる事実

(1) 法第3条違反(販売目的等の不明示)
 事業者は、訪問に際し「美味しい味噌を持ってきています。味見しませんか。」などと告げるだけで、勧誘に先立って、消費者に対し販売業者の名称又は商品の売買契約の締結について勧誘する目的である旨を告げずに勧誘を行っていた。

(2) 法第5条第2項違反(契約書面の不備)
 事業者は、消費者と締結した売買契約に係る契約書面に法人であるにもかかわらず「代表者の氏名」の記載を行っておらず、契約書面の記載内容に不備が認められた。

(3) 法第6条第1項第1号違反(商品の品質に関する不実告知)
 事業者は、契約の勧誘等に際して、当該商品が添加物の酒精を含有しているにもかかわらず「無添加で麹が生きている」等と告げ、商品の品質について客観的事実と異なることを告げていた。
 
(4)法第6条第1項第7号違反(購入者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものに関する不実告知)
 事業者は、契約の勧誘に際して、消費者が、事業者が勧める大きさの味噌樽よりも小さいサイズの商品を希望した際、実際には提示された商品より少量かつ安価な商品を販売しているにもかかわらず、4キロ樽を示し「うちは4キロの樽売りしかしていない」などと、同社が販売している商品について不実のことを告げていた。
           
(5) 法第6条第2項違反(重要事項不告知)
事業者は、契約の勧誘に際して、一番小さなサイズの商品を求めた消費者に対し、実際は1.8キロの商品があるにもかかわらず、これを告げずに4キロや2.7キロの商品を販売するなど、商品の量という、消費者の売買契約の意思決定に影響を及ぼす重要事項を故意に告げずに契約を締結していた。

 

5 今後の対応

  法に基づく業務停止命令に違反した場合は告発する。
 
 * 業務停止命令違反の場合の罰則(法第70条の2及び第74条)
    違反行為者:2年以下の懲役又は300万円以下の罰金
    法人:3億円以下の罰金
 

6 県内の相談件数

平成24年

平成25年度

平成26年

平成27年

累 計

10件

9件

14件

1件

34件

 

 

 * 県内の相談窓口に寄せられた相談件数で、違反件数ではありません。
 * 平成27年度は8月末の件数です。
    

7 事例

 別紙のとおり

  別紙 [PDFファイル/164KB]