以下記事転載

http://anonymous-post.com/archives/23662

政治

橋下徹氏「懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。しかも和解金を取るという」「懲戒請求をした人たちに違法行為がない限りは最大限保障されなければならない」

投稿日:

 

ネットであおられ弁護士2人に懲戒請求4千件 提訴方針

東京弁護士会の弁護士2人が16日、東京都内で記者会見し、インターネット上で懲戒請求をあおられた結果、計約4千件の請求が出されて業務を妨害されていることを明らかにした。2人はこのうち一部の請求者に損害賠償を求める訴えを起こす方針という。

2人は佐々木亮、北周士の両弁護士。2人によると、2016年4月、東京弁護士会が朝鮮学校への補助金支給をめぐる国の対応を批判する会長声明を出した。1年以上たった17年6月、声明による意見表明を「犯罪行為」などとして、佐々木弁護士を含む同弁護士会の10人に対して大量の懲戒請求が出された。ネット上で請求が呼びかけられ、昨年9月には佐々木弁護士の事務所に「懲戒請求者は90億人いる」「外患誘致」などと書かれた封書も届いた。

同弁護士会の役員ではなかった佐々木弁護士には請求を受ける心当たりがなく、ツイッターで請求の動きを批判。北弁護士も佐々木弁護士を支援するツイートをした。すると、2人に対する懲戒請求が相次いだという。

全文はソースで
https://www.asahi.com/articles/ASL5J56J8L5JUTIL030.html

橋下徹認証済みアカウント
@hashimoto_lo

①懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき非行事実にあたるとみなすことも可能。

 

橋下徹

 

✔@hashimoto_lo

 
 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000078-mai-soci 
①懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき非行事実にあたるとみなすことも可能。

<弁護士>大量「懲戒請求」返り討ち 賠償請求や刑事告訴も(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

◇「非行」あれば処分だが、「実名や住所」は弁護士に通知 朝鮮学校への補助金交付は – Yahoo!ニュース(毎日新聞)

headlines.yahoo.co.jp

 

②そもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。

 

橋下徹

 

✔@hashimoto_lo

 
 

②そもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。

 

③この2人の弁護士は一般市民に矛先を向けるのではなく、懲戒制度そのものの問題点を追及すべき。弁護士法56条の品位を失うべき非行事実という懲戒事由が曖昧過ぎて、どんな懲戒請求も一定の根拠があるようになり、弁護士会側の気持ち次第で懲戒処分ができるようになっている。戦前の治安維持法と同じ

 

橋下徹

 

✔@hashimoto_lo

 
 

③この2人の弁護士は一般市民に矛先を向けるのではなく、懲戒制度そのものの問題点を追及すべき。弁護士法56条の品位を失うべき非行事実という懲戒事由が曖昧過ぎて、どんな懲戒請求も一定の根拠があるようになり、弁護士会側の気持ち次第で懲戒処分ができるようになっている。戦前の治安維持法と同じ

 

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/507/081507_hanrei.pdf
最高裁判所は一般市民の懲戒請求の権利をできる限り保障すべきだと論じている。弁護士は国家権力の監督に服さないことの引き換えに、一般市民の懲戒請求権を保障した。そしてこのことによって弁護士に生じる負担は受忍すべき範囲内だと。

 

橋下徹

 

✔@hashimoto_lo

 
 

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/507/081507_hanrei.pdf 
最高裁判所は一般市民の懲戒請求の権利をできる限り保障すべきだと論じている。弁護士は国家権力の監督に服さないことの引き換えに、一般市民の懲戒請求権を保障した。そしてこのことによって弁護士に生じる負担は受忍すべき範囲内だと。

 

⑤実際、今回の大量の懲戒請求についても、綱紀委員会がさばいていくので弁護士にはほとんど負担がかからない。この程度の負担は僕は10年以上も負ってきた。むしろ大阪市長という機関としての行為について、大阪弁護士会は懲戒処分を出そうとしていて、こっちの方が負担が大きいよ。

 

橋下徹

 

✔@hashimoto_lo

 
 

⑤実際、今回の大量の懲戒請求についても、綱紀委員会がさばいていくので弁護士にはほとんど負担がかからない。この程度の負担は僕は10年以上も負ってきた。むしろ大阪市長という機関としての行為について、大阪弁護士会は懲戒処分を出そうとしていて、こっちの方が負担が大きいよ。

 

⑥もちろん今回、大量の懲戒請求をした人たちの考えや表現に僕は賛成しない。しかし彼らの考えや表現は、特定個人の名誉を傷つけるなどの違法行為でない限りは最大限保障されなければならない。ちなみに大阪では、朝鮮学校への補助金支給ルールをしっかりと作り、ルールに基づいて判断するように変えた

 

橋下徹

 

✔@hashimoto_lo

 
 

⑥もちろん今回、大量の懲戒請求をした人たちの考えや表現に僕は賛成しない。しかし彼らの考えや表現は、特定個人の名誉を傷つけるなどの違法行為でない限りは最大限保障されなければならない。ちなみに大阪では、朝鮮学校への補助金支給ルールをしっかりと作り、ルールに基づいて判断するように変えた

 
 
管理人
ネットの反応
名無し
懲戒請求するのは個人の権利。それを「反訴するぞ」と脅して、「嫌なら和解金をよこせ」なんてのは市民の権利を萎縮させることに繋がります。普段、市民の権利を守れと叫んでいる界隈の弁護士がこれをやっているのだから情けない人達だなーと思って見ておりました。
名無し
ですよね。
法律の素人である一般国民が懲戒請求制度を利用したらその対象である弁護士に訴えられましたって話がまかりとおるなら、そんな懲戒制度は使い物になりませんよね。
他の弁護士は、こういう正論を言わずダンマリ?
弱い立場の一般国民を守ってくれる弁護士って橋下さん以外は居ないの?
名無し
勉強になりました。m(_ _)m
名無し
全くその通りだと思います!
名無し
朝日が小川さんを訴えたのと同じ印象
名無し
テレ朝で必死に特集したのに
名無し
ちなみに和解金は一律60万円だから
弁護士としてもかなり儲かる(現時点で60人と和解成立)
名無し
俺が言ってたこととまったく同じこと言ってるやん
やっぱり一般市民から見てもおかしいもん、あの弁護士たち
バッジ取り上げるまで(もう弁護士として仕事が来ない)戦ったら?
名無し
>弁護士法56条の品位を失うべき非行事実にあたるとみなすことも可能。
ですよね
名無し
和解金や請求額が 一般常識からして度を超えてるよな
名無し
60万円だからね
1000人相手にしたら6億だもん
そんなに損害あるわけないからねぇ
名無し
ビビって和解金払ってるの結構いるみたいだぞ
名無し
攻守が入れ替わるかも
名無し
橋下なんて、弁護士仲間に「みんなで懲戒請求しよう!」なんてやられてたもんな
それに比べりゃ、今回のことなんて、問題にする方がおかしい
名無し
その弁護士とやらは訴えるとアピールしながら相手に和解を勧めてるんだろ?
要するに実際に裁判になったら筋が悪いと理解してるんだろ
余命とかいうのはよく知らんけど、懲戒請求した人は和解も裁判ボイコットもしないで普通に出廷すれば勝てるんじゃねえの
名無し
懲戒請求されまくりの経験者だから説得力あるなw
しかもこの件では、最高裁まで行って勝ってるし
 

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

 

政治