みんなの法律相談窓口 NPOあんしん身元保証支援 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官 感謝ありがとう

元自衛官 飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

不動産差し押さえ執行! そのとき現場は? 語られぬ現代社会の一面

以下記事転載

不動産差し押さえ執行! そのとき現場は? 語られぬ現代社会の一面 | ハーバービジネスオンライン

不動産差し押さえ執行! そのとき現場は? 語られぬ現代社会の一面

 

window-3367981_640

不動産差し押さえ現場の闇を追う新連載スタート!

「死刑執行人のようなもの」

 

 私は、自分の仕事を他人に説明するとき、このように話す。

 仕事とは、「不動産執行」。

 生活の歯車が狂い、立て直しに奔走するもうまくいかず、借りた金や住宅ローンの返済などが滞ると、やがて裁判所から「競売開始決定通知」が届く。

 その後「現況調査に関する通知」で日程が調整されると、裁判所の“不動産執行”に基づき、我々がやってくる。 居留守を使おうが、連絡を断とうが、行方を眩まそうが、室内に立て篭もろうが関係ない。

 私は、彼らから家を取り上げる血も涙もない“死刑執行人”なのである。

 実際に、この仕事では多くの人の死を目にする。追い詰められ、精神を病み、セルフネグレクトに陥るものもいれば、虐待や暴力に走るものもいる。家族が崩壊するケースも少なくない。

「そこには社会の縮図とも言える状況があるんですね」

 ドヤ街、ホームレス、老人ホーム、宗教施設、刑務所。にっちもさっちも行かなくなってしまった人々をテーマにしたトークショーやメディアなどに招かれることが多いが、必ずこのようなことを言われる。

 人々は社会の暗部を目にすると、「これこそが社会」「これこそが全て」「これこそが真実」と思いたがる傾向にある。

 だが、私に言わせるとそれは衣服のシワのようなものだ。どれだけ丁寧にノリとアイロンでキーピングしようが、衣服の“シワ”を根絶することはできないのだ。真実は光も闇も渾然一体なのである。

 本稿では、その事例を紹介していきたい。

 その日の現場は、最寄り駅から徒歩約15分。緑多く閑静な住宅街というしなびれた言葉がしっくり来る、角地にたたずむ豪邸だった。

 債務者は執行官とのやり取りに応じないため、この日の事案は“鍵開け”だった。

 今思えば、この豪邸を外から目にした際の違和感は予兆でもあった。1階部分はしっかりとシャッターや施錠で戸締まりがされているが、2階の窓は多くが少しだけ開いた状態で止めてある。さらに窓から覗く網戸のようなものが全てすだれ状に切り裂かれていた。

雨戸がすだれ状に切り裂かれていた原因とは……

 2階の開いている窓からの立ち入りには少々危険を伴う気配もあったため、勝手口のドアを解錠した。

 中へ入ってみると注文住宅然としたゆとりある間取り。吹き抜けで広めに取られたリビングは採光も十分に考えられておりシャッターが閉められた状態でも明るい。

 どこもある程度きれいに保たれているため、すぐに調査も終わるだろうと高をくくっていたのだが……。

 2階へ上がる階段が無い。よくよく調べてみると廊下に不自然な壁があった。どうやら、これを剥がすと奥に階段があるらしい。とは言えこじ開けないわけにもいかず、壁を剥がすと、全員が顔をしかめた。

 異臭。これまでに嗅いだことのないタイプの異臭ではあったが、この異臭で肺を満たすのは危険であろうということは全員が一瞬で察知した。

 そしてホコリと毛。毛と言っても長めの大型犬の体毛のようだった。ホコリの具合からして結構な年月が経過していることが伺える。

 恐る恐る2階に上がると大量の糞尿が散らばっており、2階全体の床は尿と吹き込む雨で絶望的なダメージを追っていた。

 糞の量からしてある程度の期間ここで“何か”が監禁されていたようだが、人間が立ち入った形跡はなく、餌をどうしていたのかはサッパリわからない。水はどうやら開けっ放しになっているトイレの便器から摂っていたらしい。

 そして、“あるもの“にたどり着いたとき、我々は息を飲んだ。

 三つある部屋の一つを渋々寝床にしていたのか、かつては大型犬であったであろう何かがベッドと一体化していたのだった。おそらく外界に助けを求めもがくうちに、網戸の全てがすだれ状に切り裂かれたのだろう。

 生活基盤の崩壊が精神に悪影響を及ぼし、最終的に家族であったはずのペットに矛先が向けられるという事案は少なくない。これらを未然に防ぐ手立てもなければ、早期発見を可能にするシステムもない。

 我々は再び戸締まりをし、何事もなかったかのようにその家を後にしたのだった。

 私は、成功者のサクセスストーリーや苦労話といったコンテンツには、成功に関するヒントなんて潜んでいないと思っている。

 彼らはタイミング良く、後の結果論として運良く“成功”に繋がる行動があっただけなのではないか。それを今から「よしっ!」と一念発起し真似てみたところで無駄に終わる。

 一方で、資本主義競争社会に敗れ散っていった者たちには、共通する傾向や教訓がある。彼らの半数以上がは、もとはいわゆる“勝ち組”であったり、幸せや贅沢を謳歌できる中流以上の生活を送っていた。

 彼らがどこで何につまづき、また体勢を立て直せなかったのはなぜか。無数にあるボタンの中から、なぜ落とし穴に繋がるボタンを選び出し、疑いもなく押してしまったのか。

 それを本連載で引き続き、明らかにしていきたいと思っている。

【ニポポ(from トンガリキッズ)】
ライターの傍ら、債務者の不動産を競売にかける『不動産執行』のサポートも行う。2005年トンガリキッズのメンバーとしてスーパーマリオブラザーズ楽曲をフィーチャーした「B-dash!」のスマッシュヒットで40万枚以上のセールスとプラチナディスクを受賞。また、北朝鮮カルト教団施設などの潜入ルポ、昭和グッズ、珍品コレクションを披露するイベント、週刊誌やWeb媒体での執筆活動、動画配信でも精力的に活動中。
Twitter@tongarikids
オフィシャルブログ:団塊ジュニアランド!
動画サイト:超ニポポの怪しい動画ワールド!