みんなの法律相談窓口 NPOあんしん身元保証支援 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官 感謝ありがとう

元自衛官 飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

【違法就労】 朝日新聞販売所、ベトナム人に差別的な奴隷労働を強いていた事が判明

記事元ソース名/原付にも乗れない”朝日奨学生”の弱い立場

原付にも乗れない
新聞配達現場で欠かせない労働力となっているベトナム人たちは、残業代なしの違法就労と差別待遇に苦しんでいる過酷な労働条件に不満があっても、改善を求める術すらない違法就労への後ろめたさに加え、販売所とトラブルを起こし、母国へ強制送還になることを恐れているからだジャーナリストの出井康博氏が、東京都世田谷区にある朝日新聞の販売所の実態をリポートする――。(後編、全2回)

■日本人との差別待遇に耐えるベトナム人奨学生
今国会で議論されている「働き方改革」の目的には、「長時間労働の是正」と「雇用形態にかかわらない公正な雇用の確保」(厚生労働省のホームページより)があるという。しかし、この国の片隅には、「働き方改革」など無縁な外国人労働者がいる。彼らは残業代すら支払われない長時間の違法就労を強いられ、日本人との差別待遇にも耐えている。新聞の配達現場で働くベトナム人たちがそうである。

東京・世田谷区にある朝日新聞販売所「ASA赤堤」――。この販売所で働くベトナム人奨学生・ハイ君(仮名)就労時間は、2月までは週30時間程度だった。それが3月第1週には40時間を大きく上回った。担当区域が広がり、配達する新聞の部数も増えたからだ。

ASA赤堤では、以前は7つあった配達区域を6つに統合した。結果、ハイ君の配達部数は朝刊で約50部増え、400部近くになった。その数は、新聞配達の仕事としてかなり多い。新しい配達区域に慣れるまでは時間がかかる。就労時間が増えたのもハイ君のせいではない。その後、就労時間は週32~33時間程度まで減った。それでも留学生のアルバイトとして法律で認められた「週28時間以内」を上回る違法就労には違いない。しかも、28時間を超えた分の残業代は全く支払われていないのだ。

■原付バイクを買うカネまでも惜しんでいる
彼の真面目な仕事ぶりは、同行取材した経験から断言できる配達のスピードも、自転車を使っていながら驚くほど早いつまり、どんなにがんばっても「週28時間以内」で終わらない仕事を、ASA赤堤はハイ君に割り振っている。(以下略)
no title

Yahoo!ニュース/4/27(金) 9:15配信 プレジデントオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00025000-president-soci