[画像のクリックで拡大表示]

『哲子の部屋』『ブレイブ 勇敢なる者「硬骨エンジニア」』など、独自の切り口のテレビ番組を企画・制作するNHKエデュケーショナル佐々木健一氏が展開するコンテンツ論の第23回。

 前シリーズに続いて高視聴率をたたき出したドラマ、日曜劇場『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II』(TBS系)は、“有罪率99.9%”という日本の刑事司法で、逆転不可能と思われる刑事事件に挑む弁護士たちの奮闘を描いている。

 だが、これはあくまで架空のドラマの話。現実に“有罪率99.9%”に挑み続けたら、その弁護士は果たしてどうなるのか。その過酷さは、あまり知られていない。

 私は以前、企画・制作しているNHKのドキュメンタリー特番『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズの第2弾「えん罪弁護士」で、20年以上刑事弁護に取り組み、これまでに無罪判決を14件も獲得してきた今村核(いまむら・かく)弁護士を取材した。

 大きな反響を受けてこのたび、未放送部分も含めた100分特別版として、『BS1スペシャル』枠で「えん罪弁護士・完全版」が放送されることとなった(4月15日22:00~23:49(NHKBS1)にて放送予定)。

(C)NHK
[画像のクリックで拡大表示]
(C)NHK
[画像のクリックで拡大表示
 

偉業を成し遂げても「変わり者」「異端者」扱い

(C)NHK
[画像のクリックで拡大表示]

 「無罪14件」というのは、法曹界の人間が聞けば誰もが驚嘆するような実績だ。約1000件に1件しか無罪判決が出ない日本の刑事裁判。まだ50代半ばの今村が、すでに14件もの無罪判決を得ている事実は紛れもない偉業である。しかし、それほどの実績を挙げながら、当の今村は浮かない表情でこんな本音を吐露した。

 「僕、若い頃は“変人”みたいにいわれたこともありますからね。『あいつは、えん罪弁護が生きがいで、好きでやってるんだ』と。そういう道楽にふけっている。そんなふうに見られている節もあるんですよね……」

 有罪率99.9%に挑む“えん罪弁護士”は、世間が抱くイメージのように、無実の罪を着せられた人を救う“正義のヒーロー”としてたたえられているわけではない。むしろ、法曹界では「変わり者」「異端者」と見られていた。

 罪を認め、情状酌量を求める事件と違い、本格的に無罪を争う「否認事件」の弁護は、勝てる可能性が限りなく低く、もし無罪を勝ち得ても十分な報酬が得られるわけでもない。ドラマ『99.9』で描かれるようなえん罪事件の弁護は、たとえ“人権派弁護士”であっても、容易には手が出せない領域なのだ。

 例えば、消費者金融に関する事件や労働事件などの民事事件は、しっかりと弁護報酬を得ることができる。あるいは、有名タレントや政治家などのプライバシー保護に関する弁護なら、依頼人に財力があるため、十分な報酬を得ることも可能だ。しかし、刑事弁護の場合、ほとんどの被告人は多額の弁護費用を払えるほどの資財を持っていない。

 そうした経済的な問題に加え、私が取材を通して驚かされたのは、無罪を得るためのあまりに膨大な“手間”だ。

 法廷ドラマの場合、最大の見せ場は「弁護士がいかに被告人の無実を立証するか」だろう。だが、そもそも刑事裁判の原則は、「疑わしきは罰せず」である。立証責任があるのはあくまで検察側で、検察が“有罪の立証”に失敗すれば、本来は無罪になるはずなのだ。弁護側は検察の立証の綻びを突けばいい。しかし、現実にはそれだけで無罪になることはまずない。今村が語った言葉が今も耳に残っている。

 「立証の方針は、できるだけ客観的、かつ科学的な方法を考えるわけです。『それなら、さすがに文句は言えない』というところまで持っていくのが理想なんですが……、弁護人にそこまでやる義務なんて本来ないんですよ。だから、過重な負担なんです。でも、それが現実ですから、仕方なくやっているんです」

(C)NHK
[画像のクリックで拡大表示]
 

なぜ今村弁護士は「えん罪弁護」を続けるのか?

(C)NHK
[画像のクリックで拡大表示]

 弁護側がさまざまな証拠や専門家による鑑定書を裁判所へ提出し、積極的に“無罪の立証”まで行わなければ、日本の刑事裁判では到底、無罪判決を得ることはできない。実際、今村は緻密な立証を積み重ねて無罪を得てきた。しかし、そうした弁護活動を展開すればするほど、報酬につながる他の事件には手が回らなくなる。

 取材中に、ふと今村に「先生の専門(領域)は何ですか?」と尋ねた。当然、「刑事弁護専門です」などと答えると思い、軽い気持ちでこの質問を投げかけた。すると、今村は突如、「もう答えたくない」と言って体全体で不快感をあらわにした。後日、その理由を尋ねるとこう語った。

 「まぁ、『えん罪弁護が専門だ』とか言ってしまっては、弁護士業務が成り立っていくわけがございませんので……。えん罪弁護一色の人間に思われて、他の事件の依頼が来なくなるのは困るなと思ったんです」

 ドラマのタイトルにも掲げられている「刑事専門弁護士」という言葉は、本気で刑事弁護に取り組んでいる弁護士ほど言いたがらない、という現実に言葉を失った。それほど“有罪率99.9%”の壁に挑み続けることは、苦難の連続なのだ。

(C)NHK
[画像のクリックで拡大表示]

 では、なぜ、今村核は、それでも「えん罪弁護」を続けるのか?

 取材を通して、私が抱いた疑問はその一点だった。0.1%の無罪判決を得ても経済的に恵まれず、弁護士仲間からは“変人”のように見られ、やればやるほど自分の首を絞めて称賛を浴びることも少ない。それなのに続ける理由は何なのか。

 「私が生きている理由、そのものです」

 この答えに込められた覚悟を是非、多くの人に知ってほしい。今村はこれまで、刑事司法の現状に対する“世間の無知”とも闘ってきたのだ。

BS1スペシャル『ブレイブ 勇敢なる者』「えん罪弁護士」完全版 
2018年4月15日(日)22:00~23:49(NHKBS1
(C)NHK
[画像のクリックで拡大表示]

佐々木 健一(ささき・けんいち)

1977年、札幌生まれ。早大卒業後、NHKエデュケーショナル入社。ディレクターとして『ブレイブ 勇敢なる者』シリーズ(NHK)、『ヒューマン・コード』(フジテレビ)などの特別番組を企画・制作。『ケンボー先生と山田先生』で第30回ATP賞最優秀賞、第40回放送文化基金賞優秀賞、『哲子の部屋』で第31回ATP賞優秀賞、『Dr.MITSUYA』で米国際フィルム・ビデオ祭 2016ドキュメンタリー部門シルバースクリーン賞、『Mr.トルネード』で科学ジャーナリスト賞2017、『えん罪弁護士』で第54回ギャラクシー賞選奨などを受賞。書籍では『辞書になった男』(文藝春秋)で第62回日本エッセイストクラブ賞、『神は背番号に宿る』(新潮社)で第28回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。最新刊は『Mr.トルネード』(文藝春秋)。詳しくはインタビュー記事「『辞書』から『えん罪』まで ドキュメンタリー界の“異端児”佐々木健一とは何者か?」 「ベッキーの『勘』、清水富美加の『才』 異能のテレビマンを驚かせた『ふたりの天性』」 を参照。