【男性が女性からパワハラ被害を受けたと訴える難しさ】

 パワーハラスメントセクシャルハラスメントというと、男性が加害者、女性が被害者というケースがニュースとして報じられることが多い。しかし実際には、女性が加害者で男性が被害者ということも珍しくない。ライターの森鷹久氏が、パワハラ被害を受けた男性たちの思いを聞いた。

 * * *
 月曜日の朝、派遣社員の野村真一さん(仮名・36歳)は、勤務先の最寄駅に降り立った後、足がすくんでしまい動けなくなった。また今日から、地獄のような5日間が始まる……。冬だというのに、額から滝のように汗が流れ、手の震えも止まらない。

「お恥ずかしい話ですが、私はパワハラ、セクハラを受けています。弱い人間だから、と言われるのを覚悟でいいますが……、女性の上司からの度重なるプレッシャーに、もう耐えられなかったのです。」(野村さん)

 野村さんは某広告代理店子会社の契約社員として、29歳の春から働き始めた。親会社からの指示で、クライアントのポスターやポップ、計器類などのデザインを行う部署に配属されたが、そこにいたのは社内で「お局」と呼ばれている、10歳年上の同じ派遣社員の女性上司だった。

「とにかく言い方がきつい。失敗したら、あえて人が大勢いる前で死ね、辞めろと罵倒される……。また、少しでも言い返そうとしたら、さらに上の上司に告げ口され、仕事をさぼった、やる気がないなどとありもしないことを報告されます。休日や深夜にも電話がかかってきて、些細なことで時間外業務を強いられ続け、だんだん体調がおかしくなってきました」

 体調の変化に気が付いたのは、入社後一年が経過したころ。夜眠れなくなり、大好きだったお酒を体が受け付けなくなった。何をしていても女性上司の顔が頭に浮かび、食事もとれず、仕事に行こうとしても、自宅玄関前で数十分も立ち止まるようになっていた。

 さらに、野村さんには結婚を考えていたパートナーがいたのだが、女性上司は、その見たこともないはずのパートナーも罵倒した。

「あんた(野村さん)なんかと結婚して、その女はバカだとほかの同僚と笑っていました。派遣で貧乏のくせになどとも……。その上司だって同じ派遣で未婚なのに……」

 しかしそれでも我慢したのは、やはり「女性上司にいびられて参っている」という自分が許せなかったからだ。セクハラもパワハラも女性が男性から受けるもの、と考えていた野村さん。一度別の上司に相談したが“あのおばさんの言うことだから”と一笑されたこともあった。

 それから三年、四年と我慢し続けたが、睡眠薬が手放せなくなり、体重も10キロ以上減った。毎日“金曜の終業時刻”の事だけを考えて無心で仕事し、またすぐに訪れる月曜の朝に絶望する日々を繰り返す。そうして野村さんは完全に壊れた。

「心ある同僚が、別の上司に事の顛末を話してくれました。それでやっと部署移動が決まりました。しかし、その女性上司は僕が“逃げた”とか“使えない”とか今も触れ回っているようです。仕事ができる人だったし、派遣社員なので特定の部署や仕事内容での契約になっていたから、解雇したり部署移動させるのは厳しい、という会社の判断のようです」

埼玉県の某官公庁に勤める富田健一さん(仮名・20代)も、女性上司からの度重なるパワハラを受けて、退職を余儀なくされた一人だ。公務員として定年まで働くつもりだったのに、人生設計が大幅に狂わされた。

「元々要領がよくないことはわかっていますが、何をしてもクズ、バカと罵倒されて、持ってきたお弁当を見て“まずそう”とか“汚い”とか言われて……。まさか社会人になってからいじめられるとは思いませんでした」

 富田さんは、仕事のことだけでなく、容姿についても非難されるのをじっと耐え続けた。

「ストレスから食べるのをやめられず、半年で15キロも太りました。そしたら、女性上司は毎日“豚”といって罵ってきました。髪も抜け始め、やはりカッパだハゲだと笑われて……。それでも耐えていると、今度は薄毛や肥満を“劣った血筋”などと、まったく関係のない私の親や先祖にまで言及し始め、周囲の人まで笑い出すようになりました。もう我慢ならず、あなただって人のことを言えた容姿ではないし、売れ残って嫌われているじゃないか、みたいなことを思わず言っちゃったんですよ」

 直接、性的な接触をすることだけがセクハラではない。容姿やプロポーションについてあれこれ言ったり、結婚や子どもはまだなのかと何度も聞くのもセクハラだ。だから、富田さんの反論もセクハラ発言には違いないが、売り言葉に買い言葉で耐えきれず吐き出してしまったものだった。ところが、自分が言ったことをそのまま言い返されたその女性上司は、大声で泣きだした。そして、所属部署長だけでなく、所轄局長にまで富田さんの「セクハラ」を訴えた。

 富田さんから女性上司へのセクハラ発言はすぐに認められ、様々な上司から呼び出され、取り調べも受けた。もちろん、その際にこれまで富田さんが受けてきたパワハラ、セクハラについても訴えたが、一蹴された。

「やはりセクハラやパワハラは、女性が男性から受けるもの、という認識が強いのでしょう。容姿や家族のことを馬鹿にされた、と報告しても“そんなんでカッとなるな”とか“そんなもん我慢できないでどうする”となだめられました。確かに、友人知人に見た目でバカにされようが笑っていられますが、それがあまりに行き過ぎるととてつもなく不快で、何をやっても自信が持てなくなるほど悲しくなります。こういえば“男のくせに女々しい”と感じませんか?

 だから一方的に悪いのは私で、それまでの女上司の言動は全く聞いてもらえないのです。女性からセクハラ、パワハラを受けても男性が黙っているのは、やはりどこかに“女性にやられて恥ずかしい”という気持ちがあるからかもしれない、とも思います。もちろん、そう思うことも広義の意味では女性蔑視、偏見かもしれないのですが……」

 周囲の同僚、懇意にしてくれた上司からは「仕方がない」と慰められたが、結局富田さん一人が悪者になる形で騒動は幕引きされた。いたたまれなくなった富田さんは今冬、ひっそりと職を辞した。これだけセクハラやパワハラが問題になっている昨今だが、富田さんは誰からも助けてもらえなかったのだ。しかし、この件をきっかけに富田さんはあることに気が付いた。

「女性からパワハラを受けて恥ずかしい、という思いは消えました。男だろうが女だろうが、セクハラやパワハラはダメだと。小学生でもいじめはダメだとわかっているはずです。こんな簡単なことに、今更気が付きました。イヤだなと思ったら、しっかりと声を上げなければいけませんが、そこまでの勇気を持っている人は少ない。ダメなことをやっている人にダメだといえる社会が来るといいのですが……」

 厚生労働省がまとめた「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」報告書(2017年)によると、過去3年間にパワーハラスメントを受けたと感じた者のうち、その後「何もしなかった」と回答したのが女性では28.7%であるのに対し、男性は49.5%にものぼる。男性被害者のうち2人に1人は、なぜ何もしなかったのか。同調査によると「何をしても解決にならないと思ったから」、「職務上不利益が生じると思ったから」という悲観的な理由の比率が高い。どんな性別や立場であっても、被害の訴えをしやすい仕組みづくりの工夫が必要ではないか。

関連記事

NEWSポストセブン
小学館週刊ポスト』『女性セブン』発のニュースサイト