みんなの法律相談窓口 NPOあんしん身元保証支援 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官 感謝ありがとう

元自衛官 飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

顔認識機能サングラス型デバイスを導入して監視体制を使って逃亡者を6万人参加のコンサート会場から中国警察が見つける  

以下記事転載

顔認識機能を使って逃亡者を6万人参加のコンサート会場から中国警察が見つける - GIGAZINE

顔認識機能を使って逃亡者を6万人参加のコンサート会場から中国警察が見つける

 


国内に170万台を超える監視カメラを設置するなど「監視カメラ大国」として知られる中国で、6万人が参加したジャッキー・チュンのコンサート会場で警察官が1人の指名手配犯を特定し、逮捕しました。

Facial recognition used to catch suspect in crowd of 60,000 concertgoers
http://www.ecns.cn/2018/04-12/298889.shtml

Facial recognition used to catch fugitive among 60,000 concert-goers in China
https://www.telegraph.co.uk/news/2018/04/12/facial-recognition-used-catch-fugitive-among-60000-concert-goers/

 
コンサートが行われたのは中国・南昌市。逮捕された31歳の「Ao」という名の男は経済事犯の嫌疑で警察が身元を探しているところでした。2018年4月6日(金)に男は妻や友人とともに南昌市まで車で移動しており、7日(土)の夕方から行われたコンサートの開始後すぐに、警察に身柄を確保されたとのことです。

南昌市の警察官であるLi Jin氏は「コンサートには6万人もの観客が集まっており、私たちはセキュリティに気を払っていました。入口には顔認証技術を搭載したいくつものカメラを設置していました」と説明しており、男の顔がデータベースの情報を一致したことで、逮捕につながったわけです。何万人もの人がいるなかで警察に見つかったとして、男は衝撃を受けていたといいます。

中国ではこれまでにも顔認証技術で何人もの逃亡者が捕まっており、2017年8月にはビール・フェスティバルで25人の容疑者が逮捕されました。

また、中国政府は2017年に個人を識別する個認証機能を搭載したサングラス型デバイスを導入。このデバイスを使うと駅や空港などの人混みを眺めるだけで人の顔をスキャンでき、スキャンデータをデータベースと照合することで手配犯を特定することが可能です。

中国の警察は顔認識機能を搭載したサングラス型デバイスを導入して監視体制を強化している - GIGAZINE


中国警察は顔認識技術搭載デバイスを用いて、2018年2月には電車の駅構内でID偽造・誘拐・当て逃げなどに関与した33人の容疑者を逮捕しています