みんなの法律相談窓口 NPOあんしん身元保証支援 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官 感謝ありがとう

元自衛官 飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

救命処置の女性が土俵から下りるよう場内放送で促された問題  大相撲宝塚巡業 女性市長あいさつ、土俵下から「悔しい」

舞鶴・土俵

八角理事長、救命女性に直接お礼と謝罪の意向

 
 
ツイッターに4日投稿された、京都府舞鶴市での大相撲春巡業で多々見良三市長が倒れた際の映像=観客提供、共同

多々見市長へのお見舞いも

 4日に開催された京都府舞鶴市での大相撲春巡業で多々見良三市長が倒れた際、救命処置の女性が土俵から下りるよう場内放送で促された問題で、日本相撲協会は5日、八角理事長(元横綱・北勝海)が今後可能になれば市長へのお見舞いと、女性へのお礼と謝罪を直接行う意向であることを明らかにした。

 5日は興行担当者の松ケ根親方(元幕内・玉力道)が理事長ら執行部に経緯を報告した。取材対応した尾車事業部長(元大関・琴風)によると、場内放送をしていた若手行司は、女性が土俵に上がったことを疑問視する声が観客の間から出たためアナウンスしたと説明した。(共同)

 

 

 

mainichi.jp

 

大相撲宝塚巡業

女性市長あいさつ、土俵下から「悔しい」

 
 
大相撲の春巡業で土俵の下であいさつする中川智子・宝塚市長=兵庫県宝塚市で2018年4月6日午後2時3分、平川義之撮影

 京都府舞鶴市の大相撲春巡業で市長が倒れ、救命処置の女性が土俵から下りるよう促された問題に絡み、別の巡業先の兵庫県宝塚市の中川智子市長(70)は6日、土俵上のあいさつが断られたとして「女性という理由で土俵の上でできないのは悔しい。変えるべきは変える勇気が大事」と土俵下からのあいさつで抗議した。

 中川市長は5日、土俵でのあいさつを日本相撲協会に要請したが、「(土俵は女人禁制という)伝統に配慮して土俵の外であいさつしてほしい」と断られていた。

 舞鶴市では4日、多々見良三市長が土俵上のあいさつ中にくも膜下出血で倒れ、看護師の女性が救命処置をしたところ、行司が土俵から下りるようアナウンス。波紋が広がり、協会の春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)は「不適切だった」と謝罪している。

 「宝塚場所」は今年が2回目で、中川市長は昨年、土俵下であいさつしていた。市関係者によると、中川市長は舞鶴市長が土俵上であいさつしていたと報道で知り、主催者を通じて協会に要請したとう。【石川勝義】