みんなの法律相談窓口 NPOあんしん身元保証支援 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官 感謝ありがとう

元自衛官 飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

かぼちゃの馬車 シェアハウス投資、スマートデイズ 不動産業者を提訴へ オーナー13人 2億円の損害賠償請求

以下記事転載

headlines.yahoo.co.jp

シェアハウス投資、不動産業者を提訴へ オーナー13人

3/27(火) 7:04配信

朝日新聞デジタル

 シェアハウス投資で賃料不払いが相次ぐ問題で、オーナー13人が不動産業者スマートデイズ(東京)や建築業者など十数社を相手取り、計約2億円の損害賠償を求めて近く東京地裁に提訴することがわかった。実現できない高利回りの賃料を保証し、割高なシェアハウスを買わせて損害を与えたとしている。原告代理人の加藤博太郎弁護士によると、問題発覚後の損害賠償訴訟の提起は初とみられる。

 原告のオーナーは30~50代の会社員らで、1億円前後の物件をそれぞれ1~2棟買った。スマートデイズは保証した賃料支払いを1月に打ち切り、一度も賃料を受け取れなかった原告もいるという。被告となるのは、スマートデイズと新旧経営陣のほか、投資を勧誘した不動産業者、建築を請け負った建設会社など十数社。

 原告側は、保証賃料が実際の家賃とかけ離れ、「30年も保証できず破綻(はたん)するのが明らか」「割高な不動産を購入させるための方便だった」などと訴え、本来の物件価値と購入代金との差額の一部を損害として請求する。融資時に年収や預貯金の資料が改ざんされ、資金力を超える借金を背負った原告もいるという。訴訟提起についてスマートデイズは「現段階での回答は差し控える」とコメントした。(藤田知也)

朝日新聞社