神戸地検姫路支部の庁舎内の女子トイレで盗撮しようとしたとして、神戸地検は15日、同地検検事の平木伸佳容疑者(46)=大阪市淀川区=を兵庫県迷惑防止条例違反と建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。地検は認否を明らかにしていない。

 神戸地検によると、平木容疑者は昨年9月19日と今年2月6日、兵庫県姫路市神戸地検姫路支部の庁舎別館にある女子トイレに忍び込み、個室内の女性を盗撮するため、仕切りの上からスマートフォンを差し向けるなどした疑いがある。

 平木容疑者は当時、姫路支部で公判を担当。事件発覚後、神戸地検総務部付に異動していた。神戸地検の永幡無二雄(むにお)次席検事は「刑事事件の捜査、公判を担当する検事を逮捕せざるを得ない事態にいたったことは誠に遺憾で深くおわびします。徹底した捜査で真相を解明し、適正に対処したい」とコメントした。