武闘派法律家飯田一 みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官司法書士 感謝ありがとう

司法書士飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

神田のカメさん 太田真也弁護士(東京)に3回目の懲戒処分 東京弁護士会から嫌われている?東京高等裁判所事務局総務課長から懲戒情報が???アディーレも業務停止中に弁護士活動をしていないか弁護士会から監視していた

 

以下記事転載

https://kamakurasite.com/

太田真也弁護士(東京)に3回目の懲戒処分 懲戒事由は妥当であるが懲戒処分の均衡という意味では疑問の残る処分

太田真也弁護士に業務停止2月の懲戒処分が下された。これで太田弁護士は3回目の懲戒処分である。同弁護士と関係が深い弁護士自治を考える会は同弁護士の懲戒処分の決定書を全文公開している。同会が同弁護士の懲戒処分をいち早く公開したことは「ポジショントーク」が多いネット報道の中で異例といえるだろう。同会による太田弁護士の懲戒処分の決定書の公開には深い感銘を受けた。

 

【参考リンク】

 太田真也弁護士(東京)業務停止2月 議決書全文 弁護士自治を考える会

 

議決書の内容からは、太田弁護士が業務停止処分を受け、裁判所にその処分の内容を「電話」で伝えた内容が争点となっていることが分かる。太田弁護士は電話で裁判所に、業務停止処分を伝えたと主張し、裁判所側はその内容を否定している。そもそも太田弁護士が裁判所に辞任通知をFAX送信していれば、「いった、いわない」の問題は起きなかったことは明らかである、業務停止期間が1月であったことから、依頼者が委任契約の継続を希望した場合でも、その旨の内容を書面で送付していれば良かったはずである。通常辞任通知などは書面で送付する事から考えれば太田弁護士の主張は通りずらいものである事は間違いない事である。

だからこそ、東京弁護士会は「縷々一方的で不合理な言い訳」と太田弁護士の主張を判断し、業務停止期間の裁判所への問い合わせも問題視し、「規範意識が極度に鈍麻」していると判断したのであろう。

このような事情から考えれば太田弁護士に対する懲戒事由は確実に存在すると判断した東京弁護士会の判断はある意味妥当である。しかしながら、太田弁護士の弁明にも一理ある事は事実で、この処分の端緒となった保護命令の決定書の受け取りと依頼者への送付は依頼者の身体・生命を守るべく行ったとの主張は事実であろう。弁護士の業務停止中の行動とは言っても依頼者の安全を図るために行ったのであれば、そのあたりは情状を認めても良いのではないかと思われる。しかしながら、東京弁護士会は「縷々一方的で不合理な言い訳」と判断したのである。これは、業務停止期間中における業務規制について太田弁護士が「独自の解釈」を行い、弁明をしたことを問題視した判断であろう。

この懲戒処分により太田弁護士は全ての案件の辞任を余儀なくされたことになるが、果たして、この懲戒処分は妥当な処分なのであろうか?太田弁護士が会務に熱心で東弁幹部の覚えめでたき弁護士であれば、このような処分にはならなかったと筆者は考えている。

太田弁護士は、東京弁護士会から「目を付けられている」弁護士だからこそ、このような処分になったことは間違いなく、アディーレ法律事務所と同様に弁護士会に対して従順ではないという事も重い処分の背景にあるものと考えられる。業務停止期間に弁護士業務を行ったとして懲戒処分を受けた弁護士への処分は「戒告」から「退会命令」まで幅が広い。懲戒処分の均衡という事を考えればあまりにも処分にブレがあり、懲戒事由の検討よりも、弁護士会幹部の意向も反映されていると感じているのは筆者だけでは無いはずである。

https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36512199.html
平成29年東懲第9号   議決書
被審査人    太田真也  登録番号 37657
 
処分の効力が生じた日 平成29年12月21日
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7

https://matome.naver.jp/odai/2141287546184186101

この記事は私がまとめました

太田真也先生

出典i0.wp.com

1975年 三重県津市出身
1997年 国家公務員Ⅰ種法律職合格
1998年 立命館大学法学部法学科卒業
2000年 立命館大学大学院法学研究科博士課程前期課程修了
2003年 立命館大学大学院法学研究科博士課程後期課程中退
2006年 名古屋大学法科大学院修了
2007年 新60期司法修習終了(12月)
2008年 弁護士登録(東京弁護士会)(9月) 法律事務所ホームロイヤーズ(現法律事務所MIRAIO)に入所
2010年 神田のカメさん法律事務所を設立(8月)

太田先生、実は

HPも独自の世界観を確立

 
 

ヲタク弁護士太田真也主宰。
日本のアニメと萌えを守り、エンターテインメントの発信にも取り込む、新時代の法律事務所です。

その活動は法律事務所としての本来の業務の他、事務所オリジナル公式キャラやマンガの制作、CMやPVの制作、発表に至るまで多岐に渡っています。

秋葉原にある「神田のカメさん法律事務所」は太田真也先生が開いた弁護士事務所。この嘘のようなネーミング、決して冗談などではなく、オタクをターゲットにした事務所のため、このような名前になったのだとか。

“ヲタク”としてのキャリアは長く、幼稚園の頃からアニメ好きという。子供時代は「戦闘メカ ザブングル」「聖戦士ダンバイン」「機動戦士Zガンダム」といったロボットアニメにはまり、ガンプラと超合金を集めていた。ゲームやフィギュアも大好きという。

お気に入りのアニメは必ずDVDを全巻予約している。1カ月に購入するアニメDVDは平均10枚に上る。近年で最もはまった作品は「そらのおとしもの」と「フリージング」。そらのおとしものは、劇場版を3回も見に行ったほど愛している。

・凄いアニメ愛

どんな時間帯であろうとアニメは放送時間に見るのが信条で「録画はプライドが許さない」。午後9時に就寝し、深夜アニメを見るために一旦起きて明け方にまた眠る――という生活を約10年続けている。翌朝に司法試験を控えた大事な日も深夜アニメを見ていたほどだ。

サービス内容

企業法務に関するサービス
・ソフトコース
・ハードコース
・スーパーハードコース等があります。

相続関係に関するサービス
・相続関係
・遺言
・死後の処理等

太くて、長くて、強くて、硬い。
今、起ち上がれ、削除の大艦巨砲主義!!!

損害賠償等に関するサービス

・公式キャラクターも存在

公式キャラクター

出典i2.wp.com

昼は神田のカメさん法律事務所でバイトをして、夜には魔法少女として活躍しているのだとか。太田真也先生いわく、「法律事務所の擬人化は世界初じゃないですか」

連載漫画「魔法律少女○○」