武闘派法律家飯田一 みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官司法書士 感謝ありがとう

司法書士飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

マタハラ、派遣社員の半数が経験 「迷惑」「辞めたら」

以下記事転載

 

マタハラ、派遣社員の半数が経験 「迷惑」「辞めたら」
  厚生労働省は12日、妊娠や出産をめぐって不利益な扱いや嫌がらせを受け
る「マタニティー・ハラスメント(マタハラ)」に関する初の調査結果を発表した。職
場で妊娠や出産を経験する中でマタハラを受けた女性の割合は、派遣社員
48・7%と最も高く、正社員の21・8%を大きく上回った。
 
  調査は9~10月、産業や規模別に選んだ6500社で働く25~44歳の女性
などを対象に実施した。マタハラを受けた割合は、契約社員などが13・3%、パ
ートが5・8%。派遣という不安定な働き方で、正社員と比べてより深刻な被害
実態が明らかになった。
 
  マタハラの内容別では、「迷惑」「辞めたら」といった発言を受けた事例が4
7・3%で最も多かった。次いで、「雇い止め」が21・3%、「解雇」が20・5%、
「賞与の不利益算定」が17・1%、「退職の強要や非正社員への転換を強要」
が15・9%だった。
 
  マタハラをしたのは、「直接の上司(男性)」が19・1%で最も高く、次いで「役
員など(男性)」が15・2%、「直接の上司(女性)」が11・1%、「同僚や部下
(女性)」が9・5%だった。
 
  男女雇用機会均等法は、妊娠や出産を理由とした解雇や降格を禁じてい
る。
 
朝日新聞 2015年11月12日)