みんなの法律相談窓口 NPOあんしん身元保証支援 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官 感謝ありがとう

元自衛官 飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

警察庁の警視長、委託女性と交際し接待受ける・・・これは賄賂では???やりたい放題??「私のパンティかぶった警視総監候補」ゲス不倫ばらされ出世街道真っ逆さま

以下記事転載

www.yomiuri.co.jp

 

 

警察庁の警視長、委託女性と交際し接待受ける

 警察庁は15日、業務を委託したイベント会社の女性役員から飲食接待を受けたなどとして、同庁長官官房付の阿武孝雄警視長(45)を停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。

 

 阿武警視長は同日、依願退職した。

 発表によると、阿武警視長は、警視庁交通総務課長だった2016年4~8月、交通イベントの運営(約250万円)を委託していた会社の女性役員から、25回の飲食など計約9万円の接待を受けた。

 阿武警視長と女性役員は当時、交際関係にあったという。警察庁は、国家公務員倫理規程違反にあたると判断した。契約での便宜供与などは確認できなかったという。同庁は「規律の保持を徹底していきたい」とのコメントを発表した。

2017年12月15日 20時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

www.asahi.com

警察庁キャリア、会社役員と不倫続け飲食供与 懲戒処分

編集委員吉田伸八

2017年12月15日19時03分

警察庁キャリアの男性警視長(45)が警視庁在職時に仕事で知り合った会社役員の女性と不倫関係を続け、計約65万円分の飲食などの供与を受けたなどとして、警察庁は15日、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。警視長は同日付で辞職した。

 警察庁によると、警視長警視庁交通総務課長だった2015年11月に仕事で30代女性と知り合い、翌月から交際を始めた。女性の会社は16年4~8月、警視庁が委託した交通安全キャンペーン行事の業務を約250万円で受注。警視庁と同社が契約関係にあったこの期間、25回にわたる飲食代やホテル代、ライブ鑑賞など約9万円分を女性に負担させた。これ以外に、交際を終える今年2月にかけて繰り返し飲食代やタクシー代など計約56万円分を負担させた。

 警察庁などによると、この業務の契約には計5社が参加し、課長がトップを務める選考委員会での検討を経て女性の会社が受注した。選考過程で課長も意見を述べていたが、警察庁は職員らの聞き取りも踏まえ、契約手続きに問題はなく警視長が便宜を図ったことはなかったと判断した。

 また、警視長は部内会議の指示内容などをメモ書きしたノートを女性に渡していた。警察庁は「秘密事項はなかったが、情報管理上好ましくない」と判断。女性を公用車に数回同乗させたことと合わせ、処分の対象行為に含めた。

 警視長は16年8月に警察庁に異動。今年2月に問題が発覚した後、警察庁が調査し、国家公務員倫理審査会での審査を経て処分を決めた。

 警視長は「警察の信用を大きく失墜させ、多大なご迷惑をかけ、心より反省している」と述べているという。警察庁は「改めて規律の保持を徹底していきたい」としている。(編集委員吉田伸八

「私のパンティかぶった警視総監候補」ゲス不倫ばらされ出世街道真っ逆さま

 
 

   今週の「ゲス不倫」を2本。フライデーは将来の警視総監候補のひとりといわれる警察庁の阿武(あんの)孝雄警視長(44)が、警視庁に交通事故防止のための反射材用品を納入する企業の役員を務める30代の女性Aと不倫関係にあったと報じている。

   出会いは2015年11月。その頃、阿武は警視庁に出向し、交通総務課長だった。A子がいうには、阿武が既婚者だということは知っていたが、熱烈なアプローチと「君と結婚したい」という言葉を信じて関係を持ってしまったという。「彼は私の下着やストッキングを頭に被ったり、靴の臭いを嗅ぎたがったりするんです。セックスの時、興奮すると首を絞めてくることもありました」

   そんな性癖にうんざりし、そのうえ食事代やホテル代も彼女持ちだった。だが、彼女の会社の業績が昨年5月頃から悪化して、デートの費用を出すことが難しくなってくると、阿武の態度が一変して、結婚の話も消えてしまったそうだ。

   こうした不倫行為が許されるわけもないが、それ以上に重大な違法行為をした疑いがあるというのである。16年2月頃、あるノートを持ってきて2人で見たというのだ。なかには「方面本部長会議」「署長会議」と書いてあるものもあったという。フライデーは、彼女が撮影したこれらのノートの写真を確認していると書いている。そこには警察庁内部の不祥事の報告や、伊勢志摩サミットに向けての警察庁の警備方針まで記されていたというから、これは完全にアウトだろう。

   2月10日のasahi.comは「警察庁キャリアが女性と不倫女性の会社が関連業務受注」と報じているが、05時02分となつているから、フライデーを入手して警察庁に当てたのだろう。だが、記事のどこにも「フライデーによれば」とは書いていない。いつもいうが、新聞は情報の入手先ぐらい明記すべきだ。それが報道のイロハである。独自ネタではないのだから、恥を知れ。

 

警察庁のスーパーエリート官僚 阿武孝雄がパンティ騒動で国家機密漏えい疑惑 パンティ弁護士 「藤井総」猛追! ( 事件 ) - 弁護士改革!真実の追究 - Yahoo!ブログ

 
 
 
 

f:id:iida55:20171216101252p:plain

阿武孝雄警視長 委託女性と不倫接待 飲食代を支払わせ自分は楽しみたい放題!

警察庁は15日、業務を委託したイベント会社の女性役員から飲食接待を受けたなどとして、
同庁キャリア職で長官官房付の阿武孝雄警視長を停職1か月の懲戒処分にしたと発表し、
同日、阿武孝雄警視長より、依願退職があり、退職しました。

どんな事件なのかを見ていきましょう。


【阿武孝雄のプロフィール】 

 

名前:阿武孝雄(あんむたかお)
年齢:45
職業:長官官房付の阿武孝雄元警視長

エリートコースまっしぐらの方です。
長官官房付という役職があるのを、
この方のおかげで知ることができました。

相当なポジションだったということがわかります。

【事件の経緯について】

阿武氏は、警視庁の交通安全キャンペーンについて、
女性が役員を務めていた企画会社が業務契約をしていた
平成28年4月から同8月にかけて、
飲食費など約9万円を女性に負担させていたということです。

また、その期間を除き、不倫交際を始めた
27年12月から29年2月の間にも、
約56万円を負担させていたというのです。

阿武氏と女性は27年11月に知り合ったようです。

企画会社は交通安全キャンペーンの運営について
約250万円で業務契約を結んでいましたが、
阿武氏から女性側への便宜供与はなかったと説明しています。

ほかにも、
女性から靴下をもらったり
タクシー代金を支払ってもらったりしていたとしています。

こうやって状況をお知らせするだけで、
何でも奢っていただいたという感じしか受け取れません。

便器供与がなかったとしても、
これだけのことをされたら、
何がしかを疑われても仕方がないことです。

【警視庁はどのように判断しているのか?】

女性の会社は当時、警視庁の交通総務課長だった阿武警視長が選考委員会の委員長を務める、
警視庁主催の交通安全イベントを受注していて、
NHKが情報公開請求した警視庁の文書によりますと、
この会社は5つの業者のうち3番目の点数でしたが、
選考委員会による検討の結果、企画が採用されていました。

一方で警察庁は、選考の過程で阿武警視長が女性の会社が受注できるよう便宜を図ったとは言えず、
飲食代の負担も便宜の見返りではないと結論づけました。

警察庁は、国家公務員倫理規程違反にあたると判断。
契約での便宜供与などは確認できなかったということです。

警視庁は「規律の保持を徹底していきたい」とのコメントを発表。

当然といえば、当然です。

ここまで黒い感じを出されては、
しっかりやってくださいとしか言えません。

ただ、この阿武さんは相当イケメンなので、
これ以外にも貢がれていた人はいるのではないかと思います。

たった1人だけということは考えにくいですから。

イケメンで相当のポジションの地位についているということから見れば、
女性が来ないわけありません。

いろんな方から飲食代をお支払いただいて、
楽しい人生を送っていたと思いますが、
そうは問屋が降ろさなかったということでしょう。

警察官僚なら、襟を正した取り組みをする。

当たり前のことです。

自分たちを律することができなければ、
他人を捕まることなんてできないと思います。

これを教訓にして、しっかりと警視庁は取り組んで欲しいです。

 

yuekijyoho.net

警察庁エリート阿武孝雄【画像】不倫相手に執った呆れた行状の顛末!

 

警察庁に勤務するエリート中のエリートであるキャリア官僚の呆れた実態が、事もあろうに不倫相手から写真週刊誌にリーク県警警察本部NO.2などエリートコースを歴任し、警察庁霞が関の本庁で、将来、警察組織を取り仕切る警視総監候補の一人とまで言われていた男の呆れた実態が、しかも、不倫相手が写真週刊誌にリークする形で明らかになりました。この将来警察トップに立つかもしれなかった警察庁きってのイケメン・エリート官僚・阿武孝雄(あんの・たかお)の呆れた行状、そして重大な違法行為とは?

阿武孝雄のプロフィール

 

阿武孝雄(あんの・たかお)は山口県出身。
京都大学法学部卒業後、1995年、警察庁配属(国家公務員Ⅰ種)。
北海道警察公安第一課長、神奈川県警察外事課長、を歴任。
2011年、神奈川県警NO.2である警務部長に38歳の若さで就任。
警視庁交通総務課長(警視正)、
マネーロンダリングを扱う警察庁犯罪収益移転防止対策室長(警視長)を歴任。
2月7日付けで、警察庁長官官房付に異動。
既に結婚しており、お子さんは3人。
現在44歳。

阿武孝雄と不倫相手Bさんとの出会いは?

今回、阿武孝雄(あんの・たかお)の呆れた行状をリークしたお相手の女性Bさんは女優の香里奈さん似の30代の美女。

二人の出会いは阿武の孝雄が警察庁交通総務課長を務めていた2015年11月のこと。
警察庁に交通事故防止のための反射材用品などを納入する企業の役員であるBさんが仕事の関係で阿武孝雄と名刺交換をすると阿武孝雄が熱烈なアプローチを開始。
Bさんは阿武孝雄が既婚者であることは知っていたが、「君と結婚したい」との阿武孝雄が熱烈なアプローチに根負けする形で逢瀬を重ねていったとか。

阿武孝雄の呆れた行状

既婚者であるのにBさんに接近しただけでも問題が多いこの>阿武孝雄、
逢瀬の時も靴の匂いを嗅いだり(画像)下着やストッキングを頭にかぶったり、
挙句の果てには興奮すると首を絞めたりしたとか。

それだけでもエゲツないおじさんである阿武孝雄、
なんと逢瀬の折のホテル代は言うに及ばず、挙句は食事代、タクシー代までもBさんに支払わせていたとか。

それでも警察エリートである阿武孝雄との結婚を夢見ていたBさんは逢瀬を重ねたとされますが、
状況が一変したのはBさんの会社の業績が悪化し、逢瀬の際の費用を出すのが難しくなったときだったとか。

只で逢瀬を楽しむのが難しいと知るや、阿武孝雄の態度が一変、
一時は出ていた同居の話や、結婚の話そのものがなくなってしまったのだとか。

「金の切れ目が縁の切れ目」なのかもしれませんね。
それにしても、イケメンと言われる男性で「お金」を出し渋ったばかりに全てを失う人、
妙に、最近、多い気がしませんか?

阿武孝雄が犯した重大な違法行為とは?

Bさんを騙して逢瀬を重ねただけでも倫理上許されることではありませんが、
この>阿武孝雄、重大な違法行為まで犯していました。

逢瀬を重ねる中で脇の甘さが出た格好なのか、2016年2月頃、
なんと業務上の秘密が書かれたノートをBさんに見せていました。

伊勢志摩サミットの警備情報や方面本部長会議資料、果ては警察庁内部の不祥事に関するものまで、
このBさんに見せ、Bさんは写真まで撮っていたことが確認されています。

逢瀬を重ねる中、自分が如何に重要な仕事を任されているのかBさんに見せたいと言う自己顕示欲の結果なのでしょうが、
国家の安全を司る警察官僚にあるまじき行為。厳正なる対応が望まれます。

まとめ

警察庁に勤務するキャリア官僚である警察庁に勤務するエリート中のエリートである阿武孝雄(あんの・たかお)の呆れた行状が写真週刊誌で報じられました。この将来、警察組織のトップに昇りつめる候補者の一人とまで言われていた男は、逢瀬を重ねる中、重大な違法行為まで行っていました。この将来警察官僚トップに立つかもしれなかった警察庁きってのイケメン・エリート官僚・阿武孝雄、国家の安全を預かる警察組織として、厳正なる対応が望まれます

 

 

警視長

 
 
警視長(けいしちょう、英称:Commissioner)は、警察法第62条に規定される日本の警察官階級の一。上から3番目。警視監の下、警視正の上。
 
 

階級の位置と役割[編集]

警視長の階級は、警察法第62条に規定され、上位には警視総監警視監があり、下位には警視正警視警部警部補巡査部長及び巡査巡査長含む)が定められている。ノンキャリア警察官の最高階級である。

任官[編集]

国家公務員試験(I種試験)に合格し警察庁へ採用された、いわゆる「キャリア組」の警察官は採用22年目辺りで勤務成績優秀者から順次昇任する。各都道府県警察に地方公務員(ノンキャリア)として採用された後、推薦により警察庁国家公務員として中途採用された警察官(いわゆる推薦組)も昇任することがある。また、警視庁および一部の大規模道府県警察でも、いわゆる「地元組」のトップが昇任することがある。

役職[編集]