武闘派法律家飯田一 みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官司法書士 感謝ありがとう

司法書士飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

偽の賃金台帳用意し臨検へ対応 技能実習生の残業時間正しく記載せず送検 田辺労基署

以下記事転載

https://www.rodo.co.jp/column/31416/

偽の賃金台帳用意し臨検へ対応 技能実習生の残業時間正しく記載せず送検 田辺労基署

2017.12.01 【送検記事】
田辺労働基準監督署は、賃金台帳の記入事項で未記入な部分があったとして、段上縫工所の個人事業主労働基準法第108条(賃金台帳)違反の容疑で和歌山地検田辺支部書類送検した。同労基署が行った臨検時に、残業時間などを一切記入していない偽の賃金台帳を提出していた。

 賃金台帳に記載していなかったのは残業時間のほかに、それに対する割増賃金の額。「納期までに製品ができているか?ということだけで残業時間を管理していたため、正確な客観的労働時間が分からない。そのため、労基法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)での立件はできなかった」(同労基署担当者)という。

 「残業代の時間単価が低額だ」との情報提供に基づき捜査を開始。立件対象の期間および対象者は平成29年3~4月で中国人技能実習生3人だが、実際にはそれ以外でも同様の違反があったものとみられる。

【平成29年11月15日送検】