光明殿社長から暴力団に現金か

大阪・浪速区にあるビル型の墓地施設「梅旧院光明殿」の運営会社をめぐる脱税事件で、起訴された社長の女が、会社の現金3500万円を暴力団に流していた疑いがあることがわかりました。
警察は、指定暴力団・山口組系の幹部を背任の疑いで逮捕するとともに、社長についても近く逮捕する方針です。
大阪・浪速区にあるビル型の墓地施設「梅旧院光明殿」を運営する、「光明殿」の社長、山口幸子被告(63)は、法人税などおよそ2億1000万円を脱税したとして、大阪地検特捜部に起訴されました。
その後の警察の捜査で、山口社長が3年前、会社の現金3500万円を、指定暴力団・山口組系の幹部山口俊平容疑者(68)に不正に渡した疑いがあることがわかったということです。
警察は、大阪・中央区の組事務所を捜索するとともに2人が共謀して会社側に損害を与えたとして、山口容疑者を背任の疑いで逮捕し、社長についても近く逮捕する方針です。
警察は、暴力団の資金源になっていた疑いがあるとして、解明を進めることにしています。