不動産のプロでも見抜けなかった
Y
引用:https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/121508/ffd403140338380e33b2e3d79097848b_5e0b83a8db868b078239730da7964ac6.jpg



地面師に63億円払った積水ハウス

「地面師」という一般には馴染みがない人達によって、大企業が手玉に取られ、巨額の損失を受ける事件があいついでいる。

大手ホテルチェーン「アパグループ」は赤坂の土地を12億6千万円で購入したが、取引先は所有者に成り済ました「地面師」で土地を取得できなかった。

警視庁は犯人として男女9人を逮捕、土地相続人に成り済まして、偽造の印鑑証明書や住民基本台帳カードを行使したとしている。

      
          スポンサー リンク
 


大手住宅メーカー「積水ハウス」は東京・五反田で600坪の土地を70億円で購入し、支払い済みの63億円を騙し取られました。

印鑑登録証明証とパスポートを偽造し、やはり土地所有者に成り済まして金を受け取っていた。

犯人グループは弁護士や司法書士、不動産屋、仲介屋、不動産ブローカーまで巻き込んでいるが、罪に問われるのは本人だけです。


弁護士や不動産屋が成り済まし犯を被害者に紹介したとしても、知らなかったと言い張れば、知らなかった事になる。

積水ハウスが購入しようとした土地は業界でも有名な一等地だったが、旅館の女将が頑として手放さなかった。

そこに地面師が現われて「ニセ女将」が身分証を示し、コロリと騙されて63億円を支払い、女将が亡くなってから気が付いたようです。


積水ハウスは63億円を支払ってから法務局に登記しようとしたが、偽造書類を指摘されて登記を拒否されました。

「ニセ女将」は主役ではなく地面師に雇われたと見られていて、報酬の相場は数百万円だと言われている。

女将に成り済ました女を捕まえても63億円は戻ってこないし、女が主犯の本名を知っているとも思えない。



地面師は表に出ず、影で動く


地面師はバブル期には「地上げ」などで活躍したが平成不況で土地取引が下火になり、そうした話も少なくなった、

だがアベノミクスで土地価格が上昇し取引が増えると、再び目を覚まして活動を活発化しています。

地面師を手助けしているのはIT技術の発達で、陰影があれば本物と同じ陰影を押せる「本物の印鑑」を作れてしまう。

パスポートや免許証も本物とそっくり同じものが偽造でき、原本と照合しなくては見分けが付かないとされています。


過去の地面師は単独犯ではなく大掛かりなグループで、弁護士や不動産屋、司法書士などの「信用できそうな人」を使って信用させます。

書類を完璧に偽造できる職人も必要だし、組織力と絶対に裏切らない結束力が必要になる。

こうした地面師に騙されないようにする方法は、大手企業がコロリとやられているほどなので、実はない。


土地の所有者に直接会いに行っても、ニセの所有者を立てられるし、証明書も完璧に偽造されています。

権利書、印鑑証明書、実印、身分証明書のいわゆる4点セットの偽造をアパと積水は見抜けませんでした。

対策としては大手の不動産屋などに仲介してもらい、騙されても保証してもらえるようにするくらいでしょうか。