武闘派法律家飯田一 みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官司法書士 感謝ありがとう

司法書士飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

「日本刀は逃げろ」元国税局職員の芸人が語る、とんでもない国税局の裏側・・・これは凄い

以下記事転載

headlines.yahoo.co.jp

「日本刀は逃げろ」元国税局職員の芸人が語る、とんでもない国税局の裏側

11/12(日) 5:30配信

ニッポン放送

国税局職員という特殊な肩書きを持つ芸人・さんきゅう倉田が、”とんでもない”国税局の裏側を語った。

倉田の上司から聞いた「え、こんなところに!?」と思うような隠し場所をひとつ披露。ある社長の家に行き、ガサ入れを半日しても何も出てこず、半ばあきらめているところに2階から降りてきた社長。その社長の頭部を見ると若干膨らんでいた。「すいません。一応確認させてもらっていいですか?」と頭を触ると、それはカツラで、中から200万円出てきた!そんなすごい話をさらっと披露した倉田から飛び出した「国税局の上司の名言」ベスト3をお届けする。

第3位「泣いても気にしちゃいけないものが三つある、『赤ちゃん』『全米』『納税者』だ!」

全米が泣いた」とよく聞くが、全米や赤ちゃんと同じように納税者もよく泣く。泣き落としに流されるなという事だそう。倉田にもこの言葉を思い知る出来事があった。あるおじいさんが経営する会社を税務調査した時のこと。調査の結果不正が発覚、200万円の支払いを告げた。しかし「200万円なんて無理ですよ~死ぬしかないです~」と泣き崩れるおじいさん。可哀想になった倉田は上司に相談。すると上司は一言、「倉田覚えとけ、納税者は嘘つく生き物だ」。しかし、おじいさんはとても支払える状況ではなさそう…上司と相談し、追徴課税を半額の100万円に下げて徴収することに。そしてその報告のためおじいさんのご自宅を訪ねてビックリ!黒いライダースジャケットに赤いブーツでハーレーを乗り回す、おじいさんの姿がそこに!即差し押さえした。

第2位は「絞れ、絞れ、納税者だと思って絞れ」

とても怖~い言葉のように聞こえるが、舞台は居酒屋。注文したレモンサワーのレモンが上手く絞れない倉田に、上司が言った一言。

第1位「パンチはよけろ、バットもよけろ、日本刀は逃げろ」

心構えとしては、バットで殴られても、勝手に逃げちゃいけないそう。倉田は危険な目に逢ったこともある。「70歳くらいのおじいさんが」またおじいさん……調査の結果、300万円の支払いを命じた倉田。すると後日、そのおじいさんが、倉田の職場を訪ねてきたそうで、「お前が来るのを見てたんだよ」「包丁で刺してやろうかと思ってよ」……屈しないように平静を装った倉田だが、あれほど恐怖にふるえた帰り道は無かったそう。

倍率は13倍という狭き門をくぐりぬけ、国税専門官試験に合格。約2年務めた後、芸人になるという夢が忘れられず吉本NSCに入学し、お笑いの世界へ。芸人生活はすでに7年。両親には芸人をやっていることをいまだに伝えていないのだという。

(11月8日放送 ニッポン放送ラジオビバリー昼ズ」より)

ニッポン放送