武闘派法律家飯田一 みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官司法書士 感謝ありがとう

司法書士飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

セクハラ問題で川西市副市長を解職  あまりにも軽率

セクハラ問題で川西市副市長を解職 (朝日放送) - Yahoo!ニュース

以下記事転載

セクハラ問題で川西市副市長を解職

11/8(水) 0:50配信

 

兵庫県川西市の副市長が、20代の女性職員からセクハラ被害を訴えられ、解職されました。

川西市によりますと、本荘重弘副市長(60)は9月、出張の打ち上げとして、20代の女性職員や同僚たちとカラオケ店を訪れた際、女性職員の肩に手を回したり、手を握ったりしたということです。女性職員は職員課にセクハラ被害を訴え、「退職したい」と相談。9月中旬から療養休暇を取り、現在も出勤していません。この問題を受けて大塩民生市長は、「女性職員が療養休暇に入っていることを重くみた」として、本荘氏を解職しました。本荘氏は市の調査に対し、「女性職員の肩に手を回したが、酒に酔っていて記憶はない」と話しているということです。