武闘派法律家飯田一 みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官司法書士 感謝ありがとう

司法書士飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

詐欺の支払い済み既払い金取り戻すプロ司法書士救済 割賦販売クレジットカード契約取り消し解除解約迅速 東京一番親切

情報商材詐欺で支払いの既払い金を取り戻す 司法書士 地蔵通り法務事務所 東京一番親切 迅速 無料相談 みんなの法律相談窓口 割賦販売の抗弁の切断に対応し契約書も解除や解約キャンセルします

既払い金を取り戻す武闘派法律家 悪徳業者に騙されて、支払ってしまったクレジット契約のお金をクレジット会社に請求し既払い金返還請求で「騙されたお金」を取り返す

今回の改正で特筆すべきなのは、悪質商法に加担していた提携ローン会社、クレジット会社、信販会社に対して、被害者が既払い金の返還を請求できる点にあります。割賦販売もクレジットカードもキャンセル赤伝票 チャージバック

 

既払い金は取り戻せます。現在、要らない契約でクレジット支払いやローン支払いを抱えている・過去に完済してしまったでもご相談ください。悪徳商法からの既払い金返還します

事務所概要

社名

地蔵通り法務事務所(旧ベルマン法務事務所)

所在地

〒102-0083東京都千代田区麹町3-7-1半蔵門村山ビル西館4F

電話

 

 

 

FAX

mail

03-6265-6349(代表)

AM9:00-PM6:00 ※土日祝除く

電話番号が変わりましたのでご注意ください。

0120-008-752(フリーダイヤル)

03-6740-2038

jizolaw@gmail.com

設立

個人創業平成2年8月 業界歴20年以上

 

 

 

※18時以降と土日祝日の場合、折り返しのお電話となります。

➡ラインも相談無料OK 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

以下記事転載

 

契約をやめたいとき(1):契約の不成立、無効、取消し

 http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_volunteer/mj-chishiki13.html

「事業者との間の契約、どんな場合にやめることができるの?」という疑問にお答えする新シリーズです。

 1回目の今回は「そもそも契約が成立していない」場合や、「契約は無かった(無効)」という主張ができる場合、また契約は成立したもののだまされていたことがわかり、取消しができる場合について、いずれも事例をもとに法律で定められていることをやさしく解説します。

 2回目は契約の解除や請負契約などの中途解約について、3回目はエステティックなどのサービス(役務)やマルチ取引の中途解約と合意解約について、解説していく予定です。

 

ケース1:そもそも契約が成立していない-不成立

事例

 自分宛てに封筒が送られてきたので開封したところ、花の種と金額欄に3千円と記載された振込用紙が入っていた。ボランティア団体を名乗るところからの手紙が添えられ、「活動資金が不足しているので支援として購入をお願いする」と書かれていた。どんな団体かわからないので代金は支払いたくない。

チェックポイント

 契約は、「申込み」と「承諾」の意思の合致によって成立します。どちらか一方だけでは成立しません。申込みを受けても、それに対して承諾をしなければ契約は成立しないのです。

 事例のボランティア団体を名乗るところの手紙にある、購入のお願いは、売買契約の「申込み」です。現段階では「申込み」だけですから、当事者間の意思が合致しておらず、契約は成立していません。契約は成立していないのだから、当然、代金を支払う必要もありません。


ケース2:勘違いした状態で申し込んだ-錯誤により無効

事例

 ネット通販で広告を見てブランド品の財布を購入したが、届いた商品はニセモノだった。前払いで支払った代金を返してほしい。

チェックポイント

 契約に関する重要なことを勘違いした状態(錯誤)で相手に意思表示をした場合は、その意思表示の無効を主張することができます。

 事例の場合は、消費者が広告によってニセモノの財布を本物であると勘違いした結果、購入を申し込んだもので、ニセモノであることを知っていたら、決して申し込むことはありませんでした。よって申込み自体が無効で、その結果、契約はそもそも無かったことになりますから、事業者は消費者に代金を返さなければなりません。一方、消費者は事業者から届いたニセモノの財布を返すことになります。


ケース3:相手にだまされた-詐欺による取消し

事例

 「海外への投資事業を営んでおり、大きな収益が期待できる。わが社に投資すれば高額な配当金を支払う」と説明されて100万円を出資したが、配当金は支払われなかった。その後、社長が詐欺で逮捕され、海外への投資事業に関する説明は、だまそうとしてついたうそだったことがわかった。

チェックポイント

 相手のうそにだまされて(詐欺)契約をした場合、契約は成立していますが、取り消すことができます。

 事例の場合、海外への投資事業の説明はうそで、事業者はだますつもりでお金を集めていたので、支払った100万円全額の返金を要求できます。一方、配当の一部を受け取っている場合は、それを返さなければなりません。

 ただし、逮捕された事業者から実際に返金があるかというのは別問題です。返金されるかどうかは、はなはだ疑問です。


参考法令

民法  521条から528条、555条、95条、96条

 

詐欺会社 コンサル契約解除と返金

ある会社とコンサル契約をしてしまいましたが、契約を解除して返金してもらいたいです。
https://www.bengo4.com/c_8/c_1186/c_1849/b_497593/

★カウンセリング名目、その時には勧誘の記載無し
★勧誘側2人、勧誘される側私を含めて2人。(でも一人は向こうのグルかもしれない)
★契約書有り、クーリングオフについては記載なし
クーリングオフ通知を書留にて8日以内に郵送済
特定商取引法にひっかからないのでクーリングオフできないと言われた
★教材の名前が違い、それは前の会社の名前の時の教材と担当者が言った
★前の会社が、ネットで調べると被害者の会がある程の詐欺会社

無料カウンセリングと言われ、いってみたら勧誘側2人と、勧誘される側が私を含め2人の合計4人いました。
この時、勧誘される側の一人は既に奴等といました。

そこで、3時間ほど細かく聞かされ、本当に稼ぎたいなら経営側になるしかない、今までの失敗は全部忘れていい、しっかりコーチングするからと言われました。
そして本当に稼ぎたい人以外はここから先は話さないと言われ、即座にもう一人が聞きたいといい、
値段を話され、事務所を見せられ、これは儲かる方法を売るフランチャイズ経営だと伝えられました。
それで、勧誘側2人は私達二人を連れて、銀行から借りて返すと信用があがる、といって複数の消費者金融に行き、合計200万を嘘の理由で借りさせ、
最後は事務所の中で、契約書を見る前にお金を要求してきました。勧誘される側のもう一人は即座にお金を差し出していました。

消費者金融につれていかれるとか、嘘の理由で借りさせるとか、契約書の前にお金を渡させるとか、
途中でおかしいなとは思いましたが、もう一人もいたために断りきれませんでした…

なんとか返金させることはできますでしょうか。
ご回答宜しくお願い致します。

 

 

詐欺などに悪用、電話5900件の契約解除 NTTコム 

2016/12/20 1:53

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO10867010Q6A221C1CC1000/

 

フォームの始まり

フォームの終わり

 NTTコミュニケーションズは19日、振り込め詐欺などの犯罪に使われたとされる約5900の固定電話の番号について、回線契約を9日付で解除したと明らかにした。

 NTTコムによると、犯罪に使用されたため回線契約を解除するよう警視庁から要請があったという。大手通信事業者がこうした回線の大量解約に踏み切ったのは初めてとみられる。

 電気通信事業法では、災害など「正当な理由」がなければ通信サービスの提供を拒むことができないとされている。総務省は、犯罪の利用は「正当な理由」には当たらないと判断しており、通信事業者が犯罪に使われたことだけを理由にサービスを拒んだり、解約したりするのは困難とされている。NTTコムは「大量の発信で、通信に障害が出た」との理由で今回、解除に踏み切った。

 NTTコムによると、今回解約した5900の番号は全て、固定電話の再販事業者を通じて提供されていたもの。この事業者はNTTコムに年間数千万円の利用料を支払って、計約6千番号を扱っていたという。〔共同〕

 

 

価格交渉人 ネギリエ

https://webtan.impress.co.jp/e/2014/06/30/17615

 

感情表現の乏しさを理由に、いきなり事務所をクビになってしまった新人弁護士・祢宜りえ。しかし、今の世の中、弁護士だからといってそうそう楽に仕事が見つかるわけではない。

弁護士資格を持ちながら就職が決まらない人が3割とも4割ともいわれ、また弁護士の2割は年間所得が100万円以下(国税庁調べ)、まさに弁護士受難の時代である。

とりあえず、叔父さんの不動産会社で働かせてもらうことになった。

前回のあらすじ

叔父さんの不動産会社で働かせてもらうことになった新人弁護士・ネギリエ。命じられた最初の仕事は、Webサイト制作価格500万円を値切ることだった。

Webサイト制作会社に出向いて作業内容を確認したリエには、価格自体は適正なものでこれ以上値切れる余地はなさそうに思え、叔父にもそのように報告した。

しぶしぶ納得しかけた叔父に向かって、リエは「私に3ヶ月下さい。質を下げずにコストを下げてみせます」と言い放った。リエの秘策は何なのか?

前回のあらすじ

感情表現の乏しさを理由に、いきなり弁護士事務所をクビになり、叔父さんの不動産会社で働かせてもらうことになった新人弁護士・ネギリエ。

叔父さんから命じられた最初の仕事は、Webサイト制作価格500万円を値切ることだったが、リエは見事、質を下げずにコストを下げる交渉に成功した。リエの次なる価格交渉の現場は?

前回のあらすじ

育毛剤通販サイトのWeb担当者・小森は、社長からサイト管理費の値切り交渉を命じられていた。しかし、Webサイト管理費はすでに十分安く、値下げ交渉は失敗。

そんな小森になぜか好意を抱き、覆面調査で制作会社に赴いたネギリエが、担当者から教えられたさらなる値下げの秘策とは?

前回のあらすじ

育毛剤通販サイトの仕事を終えたネギリエは、社長夫人(叔母さん)の鶴の一声で、不動産屋の一角を借りて、価格交渉部を立ち上げることになった。

前回のあらすじ

「月5万円でSEOって大丈夫かな?」――実家がうどん屋で幼なじみの千恵から相談されたネギリエは「適正価格」とアドバイスしたが、数ヶ月後、「まったく効果 がない」という連絡があった。

前回のあらすじ

SEOに5万円も使ったのに効果がない!――このクレームに対して、東京のSEO業者が提示したのは「話題のコンテンツを増やす」という施策だったがまたもや効果なし。千恵の怒りは、SEOを勧めたネギリエに向けられた。

前回のあらすじ

効果のないSEOはもう止めたい――千恵の意思を察知したSEO業者・黒中は、「SEO業務委託契約をパソコンのリース契約に切り替える」という切り札を切るべく、千恵のいない隙を狙って家を訪ねていた。

前回のあらすじ

SEO業務委託契約から、パソコンのリース契約へと切り替えを迫る悪徳SEO業者・黒中。幼なじみ千恵の母は、とっさの機転によって、無事詐欺から身を守ることができた。千恵の家からの帰途、ネギリエは、久しぶりに実家に戻ってきた。

前回のあらすじ

「農協から脱退して、コメのネット直販を始めたい!」と言って、実家を飛び出した兄が駆け込んだ先は、国内最大手の広告代理店! 果たして無事引き受けてもらえるのか?

前回のあらすじ

「コメのネット直販を始めて、ネット広告で集客したい!」リエの兄が駆け込んだ国内最大手の広告代理店で、担当に就いたのは……、やる気が空回りしては怒られてばかりの問題社員・若井だった。

前回のあらすじ

リスティング広告を開始して3ヶ月。米のネット通販は、いっこうに売上が伸びない。リエや上司に発破を掛けられた若井は、有休を取ってリエの兄の田んぼに向かった。

前回のあらすじ

大手広告代理店の問題社員・若井の協力のおかげで、リエの兄が始めた米のネット通販は順調に売り上げを伸ばすことができたのだった。そんなリエのところに、またしても兄が問題を持ち込んできた。

前回のあらすじ

兄がかっこよくリニューアルした米の通販サイトで、なぜか売上が上がらない。おじさんに協力してもらい、行動観察調査を実施してみたところ、意外な問題が見えてきた。

前回のあらすじ

兄のお米通販サイトは、おじさんやキャバ嬢たちの協力によって、無事売上を回復することができた。一段落したリエの新たな仕事とは?

前回のあらすじ

リエは、流田の勤務するWeb制作会社で、契約書のチェックをしていた。そこに流田の同僚・マーケティング担当の二宮がWebマーケッター瞳を連れてやってきた。

前回のあらすじ

瞳が提案したマーケティングオートメーションは、情報システム部から承認を得られず、導入は見送りとなった。瞳はその理由を聞くために、情シスへやってきた。

前回のあらすじ

マーケティングオートメーション導入を情シスから却下された二宮は、情シス・流田に怒りを爆発させた。流田は、情シスの事情をリエに語り始めた

前回のあらすじ

新規システム導入するにあたっては、スピード重視のマーケに対して、セキュリティと可用性の両立、システムの安定性を重視する情シス――両者のスタンスには、大きな違いがあるということを、流田はリエに語ったのだった。

前回のあらすじ

マーケと情シスが反目し合っている状態を解決するために、瞳が提案した解決策とは、両者の飲み会だった。リエはなんとなく不安を感じつつも口には出せず、飲み会は決行されたのだった。

 

ネギリエの電子書籍、発売中です!
[impress Digital Books]

 

  • 価格:¥500+税
  • 品種名:電子書籍
  • ページ数:92
  • ISBN:978-4-8443-8031-3

Web担当者の悩み・問題を解決!
価格交渉人ネギリエ Vol.1 Web制作格闘編

クールだけど実は熱い!元弁護士女子がWeb業界で格闘する物語

感情表現の乏しさを理由に、法律事務所をクビになってしまった新人弁護士「祢宜りえ」、通称ネギリエ。今のご時世、弁護士だからといってそうそう楽に仕事が見つかるわけではない。

叔父さんの不動産会社を手伝うことに……。会社のWebサイト制作費用の価格交渉を無事解決したのも束の間、友だちのお店が、悪徳SEO業者の詐欺に巻き込まれ、また新たな問題が!

会社で新しくWeb担当者になった人、Web制作の現場にいる人、Webに携わっているすべての人必読!あなたのそばにも、ネギリエがきっと居てほしくなるはず!

インプレスの直販サイトほか、大手電子書籍書店で購入いただけます。

 

  • 価格:¥500+税
  • 品種名:電子書籍
  • ページ数:92

Web 担当者の悩み・問題を解決!
価格交渉人ネギリエVol.2 情シス vs Web マーケ闘争編 

マンガで学ぶ!最新マーケティングのコツとツボ!

企業のWeb担当者を助けることになった元弁護士の「祢宜りえ(ネギリエ)」が、Web担当者が直面する問題や課題を解決していくストーリー。

兄が家業の米農家の直販サイトを始め、ネット広告を出したいと国内最大手の広告代理店に! Web制作会社と一緒に、リスティング広告、行動観察調査などの手法で問題を解決して一見落着……。

今度は、家業の通販サイトを手伝ってくれたWeb制作会社内で、情シス(情報システム部)が対立!? 伝説のWebマーケッター瞳とともに『マーケティングオートメーション』で解決していく!