f:id:iida55:20171012171646p:plain


 景品表示法違反の広告で「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が東京弁護士会から業務停止2カ月の処分を受けた問題で、同弁護士会は18日、相談窓口を全国の弁護士会に広げるよう日本弁護士連合会に要請した。

 地方から殺到する相談に対応しきれないためという。

 同弁護士会によると、設置した臨時電話相談窓口には12~17日の平日4日間で約3300件の相談があり、8割が東京以外の地方からだったという。アディーレへの依頼者数は約9万人といい、遠藤常二郎副会長は「依頼者が住む地域の弁護士会で直接、対応していただかないといけない状況だ」と述べた。すでに大阪や福岡、新潟、山口、岡山などで相談窓口が設置されているという。(後藤遼太)