武闘派法律家飯田一 みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官司法書士 感謝ありがとう

司法書士飯田はじめ  依頼者の困り事いろんな法律トラブルを解決した時の感謝が生きがい

「梅旧院光明殿」1・4億円脱税疑い ビル型納骨堂運営、女性社長ら3人逮捕 大阪地検特捜部  国税の脱税に特捜部も

以下記事転載

2017.10.12 21:00

 


「梅旧院光明殿」1・4億円脱税疑い ビル型納骨堂運営、女性社長ら3人逮捕 大阪地検特捜部http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120086-n1.html

 

山口幸子容疑者(梅旧院光明殿ホームページから)

 架空の業務委託費を計上して法人税約1億4300万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は12日、法人税法違反容疑で、ビル型納骨堂「梅旧院光明殿(ばいきゅういんこうみょうでん)」(大阪市浪速区)の運営会社「光明殿」(同区)社長、山口幸子容疑者(63)=兵庫県芦屋市=ら3人を逮捕し、大阪国税局と合同で同社や山口容疑者宅などを家宅捜索した。山口容疑者らは、ビル内に納骨壇や室内墓を設け、手軽で便利に供養ができるとしてテレビCMなどでPRしていたが、その主力事業で不正な経理操作が行われていたという。

 ほかに逮捕されたのは、同社の経理担当者、和井田寛重(ひろかず)(74)=奈良市=と業務委託先の会社社長、上月啓右(こうづき・けいすけ)(76)=大阪府豊中市=の両容疑者。特捜部は3人の認否を明らかにしていない。

 3人の逮捕容疑は、平成26年8月期までの4年間で、光明殿が手がける納骨堂運営に関する業務について、上月容疑者の会社に委託しているように装うなど架空の経費を計上する手口で、光明殿の法人所得計約5億2800万円を隠し、法人税の支払いを免れたとしている。

 関係者によると、同社はこの4年間で約23億8千万円の売上高を計上。実際の法人所得は約6億6700万円だったのに、業務委託費をでっち上げて経費を水増しし、不正に利益を圧縮するなどして、法人所得の約2割にすぎない約1億3800万円しか申告していなかったという。民間調査会社などによると、梅旧院光明殿は宗教法人「梅旧院」(大阪市天王寺区)の分院として7年に建設。運営会社の光明殿は納骨壇の販売や運営を担う代理店として14年2月に設立され、直近の28年8月期の売上高は約3億8千万円。

 

 

1億4千万円脱税疑い ビル型墓地運営会社社長を逮捕 

2017/10/12 19:40

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22184570S7A011C1AC8Z00/

 

フォームの始まり

フォームの終わり

 架空経費を計上するなどし、4年間で法人税約1億4300万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は12日、ビル型墓地施設「梅旧院光明殿」(大阪市浪速区)を運営する「光明殿」社長、山口幸子容疑者(63)=兵庫県芦屋市=ら3人を法人税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。

 特捜部と大阪国税局は同日、同社や山口容疑者の自宅などを家宅捜索した。

 ほかに逮捕されたのは同社の実質経理担当、和井田寛重容疑者(74)=奈良市=と、別会社の役員、上月啓右容疑者(76)=大阪府豊中市

 3人の逮捕容疑は共謀し、光明殿が上月容疑者の会社に架空の業務委託をして経費を計上する手口で、2014年8月期までの4年間に法人所得約5億2800万円を隠し、法人税約1億4300万円を免れた疑い。

 登記簿などによると、同社は02年2月設立。16年8月期の売上高は約3億8千万円だった。ビル型墓地施設は9階建てで、山口容疑者もテレビCMなどでPRしていた。

 

 

 

 

 

 

脱税

https://mainichi.jp/articles/20171013/k00/00m/040/037000c

 

容疑でビル型墓地「梅旧院光明殿」社長ら逮捕

毎日新聞2017年10月12日 19時21分(最終更新 10月12日 21時33分)

 法人税約1億4000万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は12日、大阪市浪速区でビル型の墓地施設「梅旧院(ばいきゅういん)光明殿」を運営する「光明殿」社長、山口幸子(さちこ)容疑者(63)=兵庫県芦屋市=ら3人を、法人税法違反の疑いで逮捕した。特捜部は同日、大阪国税局と合同で、同社や山口容疑者の自宅など関係先を家宅捜索した。

 逮捕されたのは山口容疑者のほか、経理担当者の和井田寛重(ひろかず)(74)=奈良市=と、別の会社役員、上月(こうづき)啓右(76)=大阪府豊中市=の両容疑者。

 逮捕容疑は、2010年9月~14年8月、光明殿が上月容疑者の会社に業務委託したように装うなどして架空経費を計上。4年間で約5億3000万円の所得を隠し、約1億4000万円の法人税を免れた、としている。特捜部は3人の認否を明らかにしていない。

 関係者や同社のホームページによると、梅旧院光明殿は地上9階で、屋内に墓3000基以上を収容。関連の宗教法人「梅旧院」が設置し、02年設立の同社が墓地の販売代理などを受託している。

 駅から徒歩5分の好立地に加え、「年中無休」「管理料・永代供養料無料」などをうたい文句に業績を伸ばし、14年8月期の売上高は約6億7000万円。「来て見て便利な梅旧院♪」のフレーズのCMで知られる。

 都市部では、交通の便や管理のしやすさからビル型の納骨施設が人気だ。一般社団法人仏教情報センター」の担当者は「寺と企業がタイアップし、東京などの都市圏ではここ10年で増加している」と話す。【岡村崇、宮嶋梓帆、山崎征克】

 

 

ビル型納骨堂「梅旧院」、脱税容疑 大阪地検が家宅捜索

2017年10月12日12時51分

http://digital.asahi.com/articles/ASKBD3CPGKBDPTIL007.html?rm=361

 写真・図版

梅旧院光明殿の運営会社を捜索し、車で押収資料を運び出す大阪地検特捜部の係官ら=12日午後5時30分、大阪市浪速区、一色涼撮影

光明殿社長の自宅マンションの捜索に入る大阪地検特捜部の係官ら=12日午前9時33分、兵庫県芦屋市、筋野健太撮影

 永代供養をうたうビル型の納骨堂「梅旧院光明殿(ばいきゅういんこうみょうでん)」(大阪市浪速区)の運営会社「光明殿」(同)が法人税を脱税した疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は12日午前、同社と社長宅など関係先に家宅捜索に入った。法人税法違反の疑いがあるとして、同日中にも社長から詳しく事情を聴くとみられる。捜査関係者への取材でわかった。

 同社や、社長が住む兵庫県芦屋市のマンションに午前8時以降、段ボールを携えた特捜部の係官らが入り、家宅捜索を始めた。

 関係者によると、同社と社長は、浪速区の地上9階建ての梅旧院光明殿で管理する納骨壇や墓石の販売などを、関連法人に委託。業務委託料や販売手数料の名目で支払った金額の一部をキックバックさせるなどして得た所得1億円以上を隠し、法人税数千万円を免れた疑いが持たれている。写真・図版

光明殿社長の山口幸子容疑者(梅旧院光明殿のホームページから)

 大阪国税局が2015年夏ごろに強制調査(査察)に着手。本社や社長宅など関係先を家宅捜索し、大阪地検特捜部と合同で捜査を続けていた。社長はこれまでの任意の取り調べに対し、脱税容疑を否認していたとみられる。

 信用調査会社などによると、梅旧院光明殿は、曹洞宗宗教法人(同市天王寺区)が1995年に建設。運営会社は、納骨壇や墓石の販売代理を担う目的で02年に設立された。核家族化や少子高齢化を背景に、郊外墓地と比べて利便性が高く、掃除などの維持管理に手間もかからないとして需要を掘り起こした。ホームページによると、施設は「屋内墓3000基以上の設置が可能な関西屈指のスケール」とうたっている。

 「来て見て便利な梅旧院」のフレーズのテレビCMに社長自らが登場するなど、積極的な宣伝活動を展開。16年8月期の売上高は約3億8千万円、利益は約3200万円とされる。写真・図版

梅旧院光明殿の販売資料。納骨壇の価格帯(50万~800万円)に加え、管理費など諸経費がかからない利点をアピールしている