大阪府大阪狭山市ホームヘルパーの男性(31)が、府警天満署で器物損壊容疑で任意の取り調べを受けた際、「アホ」「お前なめてんのか」などと暴言を浴びせられたとして、近く特別公務員暴行陵虐と職権乱用の両容疑で署員を刑事告訴する。府警は「不適当な発言があったことは把握しているが、調査中でコメントできない」としている。

 捜査関係者らによると、昨年10月18日午後11時半ごろ、大阪市北区のマンション前で、路上に駐車していた住人の乗用車の窓ガラスが傷つけられる事件があった。現場にブロック片が落ちていた。

 天満署員が駆けつけると、車の所有者が「衝撃音を聞いて外に出たら男性が現場にいた」と説明。男性が任意の聴取を受けた。男性は当時同じマンションに住んでおり、事件発生時に付近の路上で知人女性と携帯電話で話していた。

 男性や代理人の弁護士によると、男性は署で翌19日午前0時から約5時間、取り調べを受けた。否認したが、「お前しかおらん」「早く認めろや」と署員が言い、「女性と電話中に腹を立てて、落ちていたブロックを車に投げた」との内容の供述調書に署名した。

 男性は11月27日に再び任意聴取を受け、「やっぱり身に覚えがない」と訴えると、取り調べを担当した署員2人は「逮捕されんぞ、お前」「眠たい話は聞かれへん」「なんで反省できへんのじゃ、アホ」と発言。男性がはり師などの国家資格の取得を目指していることをとらえ、「そんなんでわしらと同じ公務員になれるんか」と大声を出す場面もあったという。男性はこのときの様子をICレコーダーで録音していた。

 府警もこうしたやり取りがあったことを把握。「アホ」などの不適当な発言があったとして、関係した署員に話を聴いている。

 男性は12月10日に書類送検され、大阪区検は12月14日に不起訴処分(告訴の欠如)にした。男性によると、男性の父親が車の所有者に示談金を支払ったという。

 男性側は、現場近くにある防犯カメラ映像を署が確認していない▽ブロック片の指紋照合をしていない▽携帯電話の通話相手の女性を聴取していない――として捜査が不十分だったと主張。取り調べ後に「不安抑うつ障害」と診断されたとして、近く府に220万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こす。

 容疑者の取り調べ適正化に関する国家公安委員会の規則では、不安を覚えさせたり、尊厳を著しく害したりするような言動を「監督対象行為」に当たるとして禁止している。

■取り調べ中のやり取り(男性の録音から。抜粋)

男性「やっぱり身に覚えがないんですよ」

天満署員「それはあんたがおかしいだけや。やってんのは間違いないんやから。逮捕されんぞお前」

男性「僕の言い分、まったく聞いてくれなかった」

署員「それは無理やな。警察もそんなとこじゃない」「けんかになったんやろ、彼女と。むしゃくしゃしてたんやろ」

男性「一言もそんな供述してない」

署員「なにがやってませんじゃお前。そんな眠たい話は聞かれへん」「はよ(捜査書類に)署名して」

男性「書けません」

署員「お前がやったことやろ。眠たいこと言うなよ」

男性「日を改めます」

署員「しつこいのう。お前なめてんのか、警察。嫌がらせしてんのか」

別の署員「書け。おのれ反省してへんのかいや」「国家資格取りたいかなんか知らんけど、それが嫌なんやろ。図星やろ。なんで反省できへんのじゃアホ。そんなんでわしらと同じ公務員になれんのかいや。えー、こらあ」

■「犯人と決めつけられた」主張

 捜査関係者らによると、男性は事件直後、駆けつけた天満署員に容疑を認めたとされる。これに対し、男性は「否定しても犯人と決めつけられたので、感情的になって『ガラス代なんて弁償したるわ』と言い返してしまった。認めたわけではない」と主張する。

 最初の取り調べで容疑を認める供述調書に署名したことについては、「『お前しかいない』と高圧的に責められ続け、全く聞く耳を持ってくれなかった。がんがん怒鳴られて押しつぶされそうになり、心が折れてしまった」と説明。無実だとして再捜査を求めている。

■事件をめぐる経過

●10月18~19日

男性が器物損壊容疑で天満署員から任意で聴取される。容疑を認める供述調書に署名

●11月24日

男性が弁護士に相談

●同27日

2回目の取り調べ。男性が容疑を否認。署員が暴言を浴びせる(男性が録音)

●12月10日

署が器物損壊容疑で男性を書類送検。男性は不起訴に

大阪府警の取り調べで問題になった主な暴言

●2008年3月(羽曳野署)

自転車による死亡事故で任意聴取中の男性に巡査部長が「ここから蹴り出すからな」「つまみだすぞ」と暴言

●2010年9月(東署)

遺失物等横領容疑で任意聴取中の男性に警部補が「人生むちゃくちゃにしたる」「手出さへんと思ったら大間違いやぞ」などの暴言。大阪地裁が警部補に脅迫罪で罰金30万円の有罪判決

●2011年5月(関西空港署)

覚醒剤取締法違反容疑で逮捕のウガンダ人男性に巡査部長が暴行を加え、「お前には人権がない」「(自分には)たたく権利がある」などと発言。大阪地裁が巡査部長に特別公務員暴行陵虐罪で懲役2年6カ月執行猶予4年の有罪判決

●2013年11月(捜査1課)

傷害容疑で任意聴取中の女性に巡査部長が「警察、敵にしたらええやないけ」「遊びに来てんと違うぞ」と暴言