武闘派法律家飯田はじめ みんなの法律トラブル相談窓口 かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349無料 元自衛官

武闘派法律家 飯田はじめ  無料みんなの法律トラブル相談窓口 合同労組かけこみユニオン支援ボランティア03-6265-6349

2chと2ch.scで分裂したら個人情報流出 2chから5chに成ればまた情報漏えいリスクがあり得る

2ch2ch.scで分裂したら個人情報流出

2chから5chに成ればまた情報漏えいリスクがあり得る

 

2ちゃんねる個人情報流出事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B%E5%80%8B%E4%BA%BA%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%B5%81%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

2ちゃんねる個人情報流出事件2ちゃんねるこじんじょうほうりゅうしゅつじけん)とは、2013年の8月、電子掲示板2ちゃんねる」の有料サービス「2ちゃんねるビューア」(以下、通称である「●」)の利用会員の個人情報が、Torネットワーク上のOnionちゃんねるTor板に大量に流出した個人情報漏洩事件

目次

  [非表示] 

経過[編集]

2013年中旬、「●」の個人情報が収録されたサーバーがクラッカーによるシステム侵入を受け、約4万件の会員のクレジットカード番号や名前などの顧客情報と書き込み履歴、約15万件分の「●」と「お試し●」の管理情報、利用者のトリップの情報、運営に関わる者のキャップの情報が不正に引き出された[1]

その後、8月に入ってから「さっしーえっち MwKdCUj7XWlQ」を名乗る人物により、Tor板上に流出した情報が公開され、その情報は8月26日時点で閲覧可能な状態であった。

この流出した情報から会員は決済に使われる危険性や、匿名で投稿した人の投稿者個人が特定される危険性が考えられており、実際に特定された人達がピンポンダッシュや無言電話などの被害に遭っている[2][3][4]。8月26日には運営会社(N.T.Technology,Inc 会長Jim Watkins(ジム・ワトキンス)、日本におけるサポート:ティーケーテクノロジー有限会社)がこの事件についてのお詫び文を掲載した。運営会社によると8月25日23時25分に利用者から流出に関する連絡が入り、26日0時10分にクレジットカードでの申込みを停止し、7時50分にビットキャッシュでの申込みを停止し、その後に調査のために「●」へのログインを停止した[5]。また、その後の調査で、自作自演をしていた「●」利用者もいたことも明らかになった[6]

影響[編集]

この事件の影響により事実上「●」の機能は停止された状態となり、新規会員の受付も凍結されたことから、2ちゃんねるは重要な収入源の一つを断たれることとなった。

その後、「●」の管理者であるワトキンスと、2ちゃんねる運営のトオル★や削ジェンヌ★らとの間で「●」の機能再開や、流出した個人情報と照合される恐れのある過去ログの扱いを巡る対立が発生。議論が平行線を辿ったまま推移していたが、2014年2月19日、ワトキンスはサーバー料金の未払いを理由にトオル★ら当時の運営陣を全員解任、管理人にワトキンス、その息子Code Monkey★が技術担当に就任した[7]。その後、ワトキンスは本事件によって収入として成り立たなくなった「モリタポ」「●」の代替として、3月9日に新システム「浪人(Ronin)」を導入。

2014年4月1日、2ちゃんねる元管理人の西村博之が、「2ちゃんねるレンタルサーバー会社に乗っ取られている」として新ドメイン2ch.sc」を発表。ZUNとのニコニコ生放送で「エイプリルフールネタではない」と発言、公開は"次の日曜日(4月6日)"を予定している[8]とした。

4月11日、2ちゃんねる2ch.net)とは別に、西村は新しい電子掲示板2ちゃんねる (2ch.sc)を開設した。

そして、同年7月6日に2ちゃんねるビューアこと「●」そのもののサービスが終了した。

 

 

2ちゃんねる個人情報流出事件とは、2013年8月25日(日) 23時頃に明るみに出た、2ちゃんねる史上最大規模の個人情報漏洩事件である。

http://dic.nicovideo.jp/a/2%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AD%E3%82%8B%E5%80%8B%E4%BA%BA%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%B5%81%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

概要

2ちゃんねるへ年額をドルで支払う代わりに、dat落ちした過去ログの閲覧取得や、書き込み規制の影を緩和・優遇するサービス2ちゃんねるビューア・通称「」。
これを購入した40,000人メールアドレスの書き込み履歴情報の一部とBe番号が漏洩し、支払いにクレジットカードを使用した人はそれに加え住所・氏名・電話番号・クレカ番号が漏洩。また2ちゃんねるで使用された全コテハントリップ運営キャップも同時に漏れた。

この件について、有料サービス提供する米国の会社は「サイバー攻撃のせいで顧客データが流出した」としている(リンク先参照)。

漏れたもの
・全てのトリップ/キー情報(運営用の物含む)
IDハッシュ値とメアド約4万人分
maruハッシュ値紐付けで書き込み履歴(日時、スレURLIP。それほど量はない)
2011/07/29~2013/08/11の間の登録時の個人情報クレジットカード番号及びIP

2013年8月26日 0:36

なお、運営はこの数日前から既に事態に気づいていた模様。

815 異邦ジン  2013/08/25(日) 22:37:03.49 ID:???0
あ、もうバレてるのかー。。。
その漏えい問題の対策で、しばらく忙しいです。
変なホストの不具合はすでに直ってるんだけど、
ちょっと配布できない状態なんですよね。
スクリプト更新しちゃうとチェックがめんどくさいので。

872 名前:焼まんぼう [sage投稿日2013/08/25(日) 22:59:03.91 ID:???0
>>854
p2以外全部登録時のメールアドレスパスワードIPアドレスは漏れてるょワラ
ぁとさらに言うとIDに紐付けされてる書き込み履歴も流出してるょ(爆

  • を利用している方々へ

今回の流出で起きた事件。

今回の流出でコピペブログ自作自演が発覚するなど、多くの事件が起きた。どれもこれも2ちゃんねる内で大きな祭になってもおかしくない事件ばかりである。

このような出来事が数日のうちに立て続けに起きる異常事態の中、削除人専用の掲示板が流出するという事態が発生した。

削除人専用掲示板の流出

2013年8月28日深夜削除人しか使用できない掲示板が流出した。原因はアクセス権設定ミスのようである。
この事によって2ch削除人の悪行や個人情報が露呈した。以下がその内容である。

上の物は明確なソースがある物であり、ソース不明の情報やガセと思われる物が2ちゃんねるの中で流通しており、事態の把握が難しくなっている。

その他まとめ